「欅坂46」の名前がまたひとつ消えた…

 「欅坂46」の名前がまたひとつ消えた…。
 アイドルグループ「櫻坂46」(さくらざかフォーティーシックス)の公式YouTubeチャンネル「櫻坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL」が1日、誕生した。チャンネル登録者数は101万人にのぼっている。

 

 もともとこのチャンネルは「欅坂46」(けやきざかフォーティーシックス)の公式チャンネルだった。再生回数1.5億回を超える「サイレントマジョリティー」や同8000万回超えの「不協和音」などのミュージックビデオ(MV)が同チャンネルで公開されてきた。

 主要メンバーの卒業、脱退などで活動が停滞していた同グループは10月14日に「櫻坂46」に改名し、心機一転、再出発。それに合わせて公式YouTubeチャンネルも“改名”したかっこうだが、一部ファンからは「欅坂46」の名前が消えたことに戸惑いや批判の声が相次いでいる。

 「運営の発表では、欅坂46は休止で、なくなったわけではない。それなのになぜ(YouTubeチャンネルから)欅坂46の名前が消えるのか。意味がわからない」

 また、櫻坂46の活動では、改名前の欅坂46の楽曲を封印し、先日のラストライブでの披露が「最後となる」(メンバー)とされただけに、「欅坂46と櫻坂46のチャンネルを一緒にするのは違うだろ」「作品が違うんだからチャンネル一緒はダメだろ」との意見が聞かれた。

 さらに今年1月、脱退した欅坂46の絶対的センター、平手友梨奈(19)にふれ、「平手は欅坂46で幕を下ろした。新しい櫻坂46の名前のチャンネルで平手センターのMVが流されるのは、どう考えてもおかしいだろ」との声も続出した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です