ゆっかーの卒業ソング「その日まで」、2週間でMV100万再生突破【菅井友香、波瀾万丈のアイドル人生に幕(6)】

菅井友香卒業ソング「その日まで」

菅井友香卒業ソング「その日まで」

 欅坂46&櫻坂46の「最高のキャプテン」菅井友香(26)がグループを卒業した2日後の11月11日、卒業ソング「その日まで」のミュージックビデオ(MV)の再生回数が100満開を突破した。

 オープニングは、大地のなか、ひとりゆっかーの姿……そして櫻の花びらが、ひとひら舞う………。

  サヨナラ サヨナラ サヨナラ
  悲しくなんてないよ
  だって いつかは会えるでしょう その日まで

     
          (作曲:温詞/作詞:秋元康)

 途中、MVでは走るゆっかーの姿が逆回転で映し出され、櫻坂46から過去に向かって懐かしいシーンがフラッシュバックされていく。
   
 サイマジョ、二人セゾン、不協和音、黒い羊、Buddies、摩擦係数、ノバフォ…。それぞれの制服姿で駆け抜けるゆっかー。

 そして最後、振り向きながら「じゃあね」と言い残し、去っていく…………。

 MVは10月26日、櫻坂46の公式YouTubeチャンネルで公開された。コメント欄には、ファンからの感謝の思いが4241件(11月12日午前8時46分現在)も綴られている。
 
 「メンバー1人の卒業曲のMVがグループの7年間の歴史そのものになるのがすごすぎる
これがゆっかーなんだよね、いかに偉大かがわかる」
 「数年前の欅を見ていたファンとして、今こうやって櫻坂が明るく輝いてるの本当に奇跡だと思う。それは間違いなくずっと折れることなく真ん中にいてくれたゆっかーの存在が何よりも大きかったと思うし、ここまで欅、櫻を引っ張ってきてくれたことへの感謝しかない」

 「公開されてから何度も見てるけど毎回泣きそうになる
櫻坂になってからあまり触れてこなかった欅が卒業曲でこんなしっかり使われてるとは思わなかった
ゆっかーがキャプテンじゃなかったらグループはもっと茨の道を進んでたと思う
ずっとグループのキャプテンとして走り続けてくれてありがとう。お疲れさま」

なお、同曲はデジタルシングルとしてダウンロード&ストリーミング配信中