長濱ねる、初恋の人の登場に赤面!「好き…好きって言うか…」

長濱ねる、初恋の人登場に赤面

長濱ねる、初恋の人登場に赤面

 女優、タレントの長濱ねる(24)が12月24日夜放送のTBS系「人生最高レストラン」(毎週土曜日、後11:30)に出演、“初恋の人”登場に「好き…好きって言うか…」と赤面するシーンがあった。
 
 同番組は、ゲストから人生で最高においしかったものの”お話”をいただくグルメトークバラエティー。この日のゲスト、ねるは幼稚園から小学校一年生まで過ごした地元の長崎県・五島列島の「アジのお刺身」を「人生最高の一品」として紹介した。
 釣り好きだった兄と、その友人(浦口脩平さん)と一緒にでかけ、その場でさばいてくれた「お刺身」の味が今でも忘れられないという、ねる。
 
 2015年、欅坂46に加入し、芸能界デビュー。東京に出てきてからもお刺身を食べる機会は多かったが、地元の味はひと味もふた味も違った。
 「鮮度、こりこりと歯ごたえがある。食感も匂いもアジも違っていて衝撃受けましたね」
 VTRには、兄の友人、浦口脩平さんがサプライズで登場し、慣れた手付きで穫れたてのアジをさばいてくれた。
 「あっ、脩平くん」
  ねるから思わず声が出た。番組に同席した“東京の母”YOU(ゆう、フジテレビ「セブンルール」でねると共演中)が「初恋の脩平くんじゃないの?」と漏らし、思わぬ場面でねるの“初恋”が明かされた。
 ドギマギ、大照れのねるは「脩平くん、好き、好きっていうか…憧れてました。優しいんですよ」と素直に告白。“東京の母”は「近所のお兄ちゃんって、最初好きになるもんじゃないですか」と続けた。

 五島時代のねるは「どちらかというと男子っぽかった。よく言えば、めちゃくちゃ島っ子みたいな感じ」だったらしい。
 初恋相手の脩平くんは、長崎県が舞台のひとつになっているNHKの朝ドラ「舞い上がれ!」に出演するなど女優としても活躍するねるに向かって「元気にしてますか? 今いろんな番組とかで名前とか姿を見るようになって僕もうれしいです。頑張ってください」と声援を送っていた。