「オイラの軟弱な心に戦慄をくれるぜ」 志茂田景樹さんが櫻坂46にエール

 作家の志茂田景樹さん(80)が先日、公式ブログで、改名後の「櫻坂46」に対し「光り続けるだろう」とエールをおくっている。

 お姉さんグループの乃木坂46を「適当にお嬢さんぽくて、あたりが柔らかい」「コロナ禍で疲労困憊しがちの人には性を問わず清涼剤になり得る」と評す志茂田さん。

 「だけどなオイラなんかはパンチが欲しい」と吐露する。

「何につけコロナコロナだろ
 心身が閉塞しちゃって
 この現状に我慢できねえのよ

 車椅子生活で要介護3の
 オイラが閉塞してるのよ」

 そんな現状を打破しろ、と「私達に任せなって言っている子達」が志茂田さんの前に現れたという。

 その名は「櫻坂46よ」。

 志茂田さんは「ガラスを割れ!」を口ずさみ、「語るなら未来を」も「サイコーじゃねえか」。

 「不協和音」に至っては…。

 ♪最後の最後まで抵抗し続ける
 ♪不協和音で既成概念を壊せ!

「オイラの軟弱な心に戦慄をくれるぜ」

 メンバーのパフォーマンスも絶賛する。

 「櫻坂46の子達はどうして
 みんなきりっとして
 女豹みたいな目をして
 キビキビ動けるんだ

 ホント痺れるよな」

 グループは、ラストライブを経て「櫻坂46」に改名、再出発する。
 志茂田さんにとっても「欅坂46」との別れは名残惜しい。その思いを、次のように綴った。

 「オイラにとっては櫻じゃねえ
 やはり 欅なんだよな
 冬でも葉っぱこそねえが
 しっかり枝を張って
 あたりを睥睨してるだろ

 櫻じゃ
 散るのは覚悟見てえだろ
 ただ散ってもらっちゃ困るんだよ
 現状打破してもらわねえとな

 欅坂46だ
 オイラの心じゃ今でもな」