1歳でベビーモデル 菅井友香は元祖・読者モデル【「なんで言わねえんだよ!!」エピソード③】

 櫻坂46・菅井友香(26)が6月5日放送「そこ曲がったら、櫻坂?」で、「実はわたし、1歳の時ベビーモデルをしていました」と、欅坂46でアイドルデビューする19年前に“モデルデビュー”していた事実を明かした。

 「黒帯とドバイの後にお恥ずかしい…」。

 ゆっかーがモデルデビューしたのは雑誌「わたしの赤ちゃん」(主婦の友社)だった。
 1997年8月号に「1歳半」の菅井友香ちゃんが登場、「おもちゃのコップでお茶を飲んだつもり」の写真が掲載された。さらに1998年1月号には「お口を大きく開けて」歯磨きチャレンジ中の菅井友香ちゃん(1歳11か月)が登場した。

 
 写真を見たMCツッチーは思わず、「あ、やっぱかわいいなあ」と声が漏れた。
 ゆっかーは「どこかに所属していたのではなくて、母がアンケートに答えたときに、じゃ、来てくれませんか?と一回行ったら何回かお願いして頂いて…。3号くらい載ってます」と説明した。

 澤部が「読者ベビーモデルみたいなことだね」と例えれば、ツッチーも「読者モデルの先駆けなんだね。すごいね」と感嘆していた。

 【「そこ曲がったら、櫻坂?」(2022年6月5日放送)】「実はまだあるでしょ?メンバーエピソード吸い上げまショー! 」という企画が放送されたが、実は、この少し前、番組スタッフを愕然とさせる出来事が相次いでいた。外番組に出演したメンバーたちが、今まで隠していた仰天エピソードを初公開したのだ。

 有美子会長「実家にリムジンがあった」
 天ちゃん「小学生のころに交通事故に遭い、軽い記憶障害が起きた」

 「なんで言わねえんだよ」「何年も一緒にやってるのに」と、呆然とするMCツッチー。番組スタッフは「そんな思いは二度としたくないということで、恥をしのんで、隠しているエピソード教えてほしい」とメンバーに緊急アンケートを実施したのだった。