櫻坂46・小林由依が抱える「モヤモヤ…」 シンメ理佐の存在に「救われてきた」 【渡邉理佐卒業コンサートから】

小林由依(左)と渡邉理佐

小林由依(左)と渡邉理佐

 櫻坂46・渡邉理佐(23)の卒業コンサートが2022年5月21日、22日の両日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された。

 2日目の卒業セレモニーで、「おっす」「またね」…と最後のあいさつを交わした“りさぽん”。
 「そこさく」MCのツッチーからは「王将を守る飛車角」(二期生センターを支える一期生コンビ)にも例えられた2人の絆の深さを感じさせられる場面があった。

 理佐の卒業スピーチのあと、1期生8人がこの日の主役を囲み、惜別の言葉をおくった。
 小林由依(22)は「理佐が卒業するって全然実感がなくて…、でも今のスピーチを聞いて、明日から理佐がいないんだなあと思うと、すごく、なんだろうな、不思議というか。ずっと近くにいるのが当たり前の存在だったので、それが、まだ信じられない」と語った。

 続けて「私にとって、理佐は、ずっとポジションとかも近くて、ほんとに近い存在で。櫻坂になってからはシンメとして2期生を支えたりとか、前から責任感をもってやる役目が多かったので、お互いなんだろうね、背負っているもの、責任感とか、2人に感じる部分があったのかなって。私が思っているモヤモヤも理佐も感じてるんだろうなって思いながらステージに立っていたりした。理佐の存在があるからこそ、私も救われた。同じ気持ちの人がいる強さ。すごくありがたくて。それがこれからはなくなっちゃうのがすごく寂しいですけど…。これからも私も私らしく、理佐も理佐らしく、お互いの場所でがんばっていけたらなあって思います」と新しい世界に旅立つ盟友にエールをおくった。

 キャプテンの菅井友香(26)は、2人のことを「かっこいいシンメだった、後ろから見てても」と評した。