キテレツきらワールド炸裂! 蚊に懲役刑「透明な天ぷらのパックに閉じ込め…」

きらワールド炸裂!! 蚊に懲役

きらワールド炸裂!! 蚊に懲役

 櫻坂46の増本綺良(20)が6月5日放送の「そこ曲がったら、櫻坂?」で「蚊に懲役…」と発言、「え、何??」「どういうこと?」とまわりのメンバーらをポカンとさせる場面があった。

 この日の放送は「実はまだあるでしょ?メンバーエピソード吸い上げまショー!」のタイトル。

 「1歳でベビーモデル」(ゆっかー)
 「空手の黒帯」(玲ちゃん)
 「おじいちゃんが政治家」(ほのす)
 「ドバイで祝った15歳の誕生日」(ちゅけもん)

 など、MCツッチーを「なんで言わねえんだよ」と愕然とさせる仰天エピソードのオンパレード…。

 バラエティー的には、「さすがにもうお腹いっぱい…」の状況だったが、MCの澤部が「ますもとは?」と振ると常識のはるか上、衝撃の“きらワールド”が炸裂した。

 「むかし、蚊に懲役をつけてました…」

 きらちゃんが、そう切り出すと、MCもメンバーも「え? なになに??」「どういうこと??」。
 「ぶ~んの蚊に懲役をつけてました」と繰り返したきらちゃんだが、「2回言われても意味不明」(テロップ)とみんなポカンとしたまま。

 澤部が「ちょっとみんなで聞いてみようぜ」ときらちゃんに説明を求めた。

 「田舎では“あるある”だったと思うんですけど、蚊を潰せない子がいるんですよ。いちおう罰を与えないといけないなと思って、家に侵入してきた子は、懲役「数時間」で、体に止まった子は(懲役)3時間とか時間を長くして、血を吸った子は(懲役)1日とかにして、透明な天ぷらのパックに閉じ込めて、懲役順に玄関に並べてました」

 と、蚊を懲役刑に処したことを明かした。

 「で、懲役来たら?どうする?」と澤部が興味津々、尋ねると「懲役来たら外に逃してあげる」ときらちゃん。

 「逃してあげるのか、釈放か。つぶすわけじゃないんだ」には、「つぶさないです」と答えた。
 ツッチーは「そうだね、つぶしちゃったら極刑だもんね」と頷いていた。

 澤部は「俺は正当なやり方だと思うよ、ちゃんと罪をね…」と、蚊に罪を償わせる“きらワールド”に理解を示した。

 「一回そこで痛い目に合ったら来ないだろうと思って…」ときらちゃん。
 「でも、そのあと来ただろう、いっぱい」(澤部)との疑問には、「また別の子だったので、また罰を与えました」と、蚊を見分ける特異能力も持っていたきらちゃん。

 ただし、今は「蚊に懲役」を封印しているらしい
 「それ(蚊に懲役)を普通だと思ってて、友だちが玄関に来たときに、“これ何?”って聞かれたから“これが懲役1時間で”と説明したら、(友だちが)すごい引いてて…。だからそれ以降やめました」