櫻坂46・大園玲へ、渡邉理佐からの「かっけぇ」アドバイス「かっぴらきな!」 【渡邉理佐卒業コンサートから】

大園玲(左)と渡邉理佐

大園玲(左)と渡邉理佐

 櫻坂46・渡邉理佐(23)の卒業コンサートが2022年5月21日、22日の両日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された。

 メンバーたちが思い思いに理佐との交流を振り返る中、大園玲(22)は、櫻坂46のデビューシングル「Nobody’s fault」のテレビ収録のときのエピソードを打ち明けた。

 欅坂46の5年の歴史に幕を閉じ、新グループとしてのリスタート。その幕開けの大事な曲に、新2期生からただひとり選抜入りした。

 緊張で震える中、2度目のテレビ収録に臨んだとき、ちょっとした失敗をしてしまった。
 イントロ、選抜メンバーが両手で三角形をつくり、真っ直ぐな視線を正面に向ける。そして凛々しさをまとったセンター森田ひかる(20)が「この世界を変えようなんて…」と歌い出すのだが、途中で玲ちゃん、「まばたきしちゃった」という。

 「それをずっと引きずって、この夜の終わりくらい落ち込んでいた」。楽屋へ戻る帰り道に、後ろに理佐姐さんがいたので「まばたきしちゃったんです」と相談した。すると、理佐姐さん、「大丈夫、そんなの」と励まし、「次はこうやって(目を)かっぴらきな!」とアドバイスしたというが、玲ちゃん、思わず吹き出したという。たぶん理佐姐さんの“かっぴらき顔”が面白すぎたと思われる。

 このエピソードを聞いたまつりちゃん、松田里奈(22)は「かっけぇ」とひとこと。

 

 玲ちゃんは「それが、理佐さんとの初めてのちゃんとした会話だったので、すごく覚えていた。(落ち込んでいたわたしを)笑わせてくださって。わたしもそういう優しい先輩になりたいなと思いました」と振り返った。MCのちゅけもん武元唯衣(20)から「きょうのノバフォ(2曲目)はどうだったの?」と聞かれると、「かっぴらきました」と笑顔で答えていた。