卒業するぺーちゃんとのエピソードにジーンとくる…櫻坂46・増本綺良「暖かい味がしました」

 櫻坂46の増本綺良(19)が22日、ブログを更新し、同日に卒業を発表した渡辺梨加(26)とのエピソードを綴った。

 同ブログでは、同時に卒業を発表した守屋茜(23)への感謝の思いを伝えたあと、ぺーちゃんとの思い出を振り返っている。

 「誰も笑ってくれないようなくだらない言動をした時、いつもフフフと笑ってくれていた梨加さん。傍にいるだけで暖かくなる存在って、こういう方のことを言うんだなと思ってました」

 きらちゃんは、ぺーちゃんに「ガチャガチャの猫のキーホルダー」をプレゼントしたそう。
 そのキーホルダーをぺーちゃんが鞄につけているを見つけ、きらちゃんは「嬉しすぎて、見る度ニヤニヤしちゃいました」。

 キーホルダーの猫には名前がついていたという。「あの子の名前は『へーちゃん』です。梨加さんに何か辛いことがあった時、助けてくれる猫です。たくさん見つめ合ってあげてください」ときらちゃん。

 新二期生の6人が、改名前の欅坂46に加入したのは昨年2月だった。
 「入ってすぐの時、けやかけの賞品で頂いたパンを分けて下さった時のこと今でもよく思い出します。まだまともに先輩方の顔を見れなかったあの時の私達に向けてくれた優しい笑顔、鮮明に覚えています。暖かい味がしました」と、感謝を伝えた。

 きらちゃんは「たくさんの癒しと幸せをありがとうございました。残り僅かな時間ですが、たくさん恩返しできるように、大切に大切に過ごしていきたいです」と締めくくった。