櫻坂46・守屋茜&渡辺梨加が卒業発表 3rdシングル「流れ弾」の活動を最後に

 櫻坂46の守屋茜(23)と渡辺梨加(26)の卒業が10月22日、同グループの公式サイトで発表された。

 公式サイトによると、「本人よりグループからの卒業の申し出」があり、グループを運営する「Seed & Flower合同会社」と話し合いの結果、「本人の意向を受け入れる」ことに決まったという。卒業時期は今月13日に発売された3rdシングル「流れ弾」の活動に区切りがついたタイミングになるという。

 “あかねん”守屋茜は、前身の欅坂46時代に副キャプテンを務めるなど、グループをまとめる存在だった。孤高の絶対的センター・平手友梨奈にいつも寄り添う姿も印象的だった。バラエティー番組の「けやかけ」「そこさく」では、自分にも他人にも厳しい“軍曹”キャラでおなじみ、ここ一番の勝負に負けてあかねんが号泣するシーンも懐かしい。最近では、新2期生のきらちゃん増本綺良との姉妹コンビで人気だった。

 一方、グループ最年長の“ぺーちゃん”渡辺梨加。極度の人見知りながら、抜群の美貌とスタイルで、握手会&ミーグリ人気は、いまだにグループ屈指。欅坂46時代はねるちゃん、なーこちゃんととともに「ほとけーず」と呼ばれた。

 2人は、欅坂46時代の5人組ユニット「青空とMARRY」でも一緒だった。「割れたスマホ」「青空が違う」はライブでの人気も高かった。