ミステリー界の巨匠、綾辻行人氏、櫻坂46・渡辺梨加の卒業に感慨「時間は無情に流れるなあ」

 「十角館の殺人」などで知られるミステリー界の巨匠、綾辻行人氏(60)が22日、この日電撃発表された櫻坂46・渡辺梨加(26)の卒業についてツイッターで「時間は無情に流れるなあ」とコメントした。

 綾辻氏は、前身の欅坂46時代からのファン。
 「渡辺梨加さん櫻坂を卒業、と。時間は無情に流れるなあ。欅坂時代に誉田哲也さんとフェスティバルホールへ行ったのが、もはや遠い昔のことのようである」としみじみと振り返った。

 このツイートに、誉田哲也氏(52)もリプ、「ですねえ…」と共感していた。

 ちなみに、綾辻氏の最近のお気に入りは「ずとまよ」(ずっと真夜中でいいのに。)。

 「いま、いちばん行きたいライブはずっと真夜中でいいのに。であるというわたくし」
 「いやしかし、櫻坂の新譜もちゃんと追っかけてます。その辺は義理堅い自分」ともつぶやいていた。