欅坂46結成6周年 「みんな変わらず優しすぎて温かくて、時にはおばかで最高です」

 「今日は何の日」

 櫻坂46のキャプテン菅井友香(25)が8月21日、このタイトルで公式ブログを更新すると、続く齋藤冬優花(23)が「欅坂46結成6周年」とその答えを明かした。

 8月21日は欅坂46の結成日。6年前のこの日、乃木坂46の妹分募集として行われたオーディションの最終審査で22人が合格(2人が辞退、のちに長濱ねるが参加して21人となる)、新グループが発足した。グループ名は予定されていた「鳥居坂46」から突如、変更された。メンバーには「ぺらっ、ぺらの紙」一枚に書かれた「欅坂46」というグループ名が告げられた。

 ゆっかーはこの6年間を「あっという間のようで思い返すと長かったなあ」と回顧、「欅坂の時の写真を見返すともう『懐かしい』と思うことが、少し寂しかったりします」。

 オーディションで番号を呼ばれた瞬間を、ゆっかーは「人生が変わった瞬間」と表現。そして、「あの時の志は今も変わっていません。少しでも誰かの笑顔のきっかけになれるように頑張るきっかけになれるように感謝の気持ちを忘れずにみんなと歩みたいと思います」と決意を新たにした。

 ふーちゃんも6年前を振り返りつつ、「1期生とは、もう6年の仲になるんですね。全員が愛おしくて大好きです」「今は11人になりましたが、みんな変わらず優しすぎて温かくて、時にはおばかで最高です」とした。

 さらに6年前の貴重な写真も投稿し、「たしかハロウィンの日で帰りにお菓子買ったのかな?」と書き添えた。

 上村莉菜(24)も「6周年」のタイトルでブログを更新、「7年目もよろしくお願いします」とファンへメッセージをおくった。

1期生11人 W-Keyaki Fesのとき