ゆっかー、卒業セレモニーのドレスに小躍り 「ニコニコいっぱいで可愛いからヒールのお靴頑張ります」【菅井友香、波瀾万丈のアイドル人生に幕(2)】

卒業セレモニーのドレスに感激したゆっかー

卒業セレモニーのドレスに感激したゆっかー

 櫻坂46のキャプテン菅井友香(26)が2022年11月9日、全国ツアーファイナル東京ドーム公演でグループを卒業した。 卒業セレモニーで身にまとったドレスは、服飾デザイナーの尾内貴美香さんデザインのもの。尾内さんといえば、欅坂46のデビュー当時から衣装を担当している人。

 ツイッターで、尾内さん自身がこのドレスにまつわるエピソードを明かしている。
 ゆっかーからの希望は「大人っぽいブルーにゴールドの差し色がほしい」ということだった。また、印象的だったティアラは「ご両親の希望」だったという。

 尾内さんは「とても大きな会場でセレモニーをされると伺った時は本当に嬉しくて、ご本人が希望されてらっしゃることはとにかく全て詰め込んであげられたらなと思って作らせていただきました」

 ゆっかーは、完成したドレスをみて、「今までたくさんお仕事させていただいたのに、キラキラしたアクセサリーもフワッフワのスカートもそういった方向は初めてで、ニコニコいっぱいで可愛いからヒールのお靴頑張ります」と大喜び、尾内さんは「小躍りしている菅井さんを見届けることが出来て本当に本当に嬉しく思いました」と振り返っていた。

 尾内さんのツイートは以下。