櫻坂46・菅井友香、グループ卒業を発表 「長い夢を見ているかのような波乱万丈なアイドル人生…」【連載 ありがとう!最高のアイドル菅井友香(1)】

 不意打ちだった。私自身は、昨夜(8月22日)、ゆっかーのメッセで「卒業」を知らされ、慌てて公式ブログを開いた。ブログのタイトルは「大好きなみなさまへ」だった。
 Buddiesのみなさんも覚悟はあったと思うが、おぜちゃん&葵ちゃんの卒業セレモニーの余韻がまだ続いている、そのさなかの発表。

この一枚も今見ると…


 9月29日大阪から幕をあける全国ツアーのファイナルが「東京ドーム」(11月8、9日)と知ったときから、卒業の“花道”と直感する声があった。「いや、まもなく3期生も入ってくるし、偉大なチャプチェにはまだまだいてもらわないと…」「終身名誉キャプテンとしてずっと在籍したっていいんじゃない?」と、心の片隅では卒業の二文字を拒絶したい思いが、浮かんでは消えた。

 ゆっかーは「沢山考えたうえでの、前向きな卒業です!」と言い切っている。あの、欅坂46「5年の歴史に幕」を伝えたときのメッセージ「前向きなお別れをします!」を思い出した。ゆっかーの言葉に嘘はなかった。

 つい前日の8月21日には欅坂46の結成7周年を迎えたところだった。「あれから長い夢を見ているかのような波乱万丈なアイドル人生を歩ませて頂いています!」

 「波乱万丈」の4文字に、どれほどの思いが込められているだろうか…。

 「嬉しかったことが沢山あった分、多くの試練や衝撃的な出来事、自分だけの力ではどうにもならないことが次々と押し寄せ、活動を続けることが苦しくなった時期もありました」
 「キャプテンとしての責任を果たすために時に孤独感や無力感に襲われることも有り、何度も自分が嫌になりました」と吐露する。

欅坂46の「不協和音」、センターはゆっかー
ラストライブでもセンターを務めた「不協和音」

 だが、すでにゆっかーは前を向いている。
 「思い出すだけで胸が締め付けられるような経験も、きっと全て必要な学びだったんだと思います」 
 「きっと1人になっても、櫻坂の楽曲にあるように、思ったよりも寂しくないはずです」
 「そして、誰かに感動や力をお届けする活動ができるよう、道を切り開いて行きたいです。今後もみなさんと何かしらの形でお会いできるよう努力して行きます!」

 この言葉を信じ、「菅井友香」という、優しく、気品にあふれ、涙も笑顔も素敵な永遠のチャプチェの、努力の道のりをこれからもずっと応援していきたい、と思う。

 ところで、欅坂も櫻坂も、ライブはキャプテンゆっかーのあいさつで終わる。

 「……以上! 欅坂46(櫻坂46)でした!! ありがとうございます!!!」

 このゆっかーが「大好き!」。