櫻坂46・菅井友香、4年半出演の「レコメン!」卒業を発表「涙、止まんなくなっちゃって…」

 櫻坂46・菅井友香(25)が9月6日、月曜Wパーソナリティーを務める文化放送「レコメン!」を9月いっぱいで卒業することを発表した。

 この日、同番組に出演したゆっかーは、パーソナリティーのオテンキのりさんに「私から告白…」と前置きして、「9月をもって、レコメン月曜Wパーソナリティを卒業させていただくことになりました」と告げた。

 事前に聞かされていなかったのか、のりさんは「菅井さん、待って、ほんとうの話?」としどろもどろ。事前にゆっかーからの「お知らせ」が予告されていたものの、「オレ、新曲の解禁かと思って普通にしてましたよ」。

 そして「ちょっと待って、まだこっちの驚きが追いつかないんですよ、え~!! 私も落ち着きましょう。一回曲に行きましょう」とのりさん。

 欅坂46「二人セゾン」が流れ、ゆっかーが「“生きるとは変わること”という歌詞の意味を今なら理解できるかなと思います」と曲紹介。

 
 「レコメン!」の公式ツイッターは「二人セゾン」中のゆっかーの姿を伝えた。

「写真は二人セゾンの曲中のゆかのすけです」とレコメン公式ツイッター

 曲明けで、のりさんが「さあ、菅井さん」と切り出すと、「すみません、涙止まんなくなっちゃって…二人セゾンを聴いて、いろいろ思い出して、今日は明るく行こうと思ってたのに」。

 それでも、コーナーが始まると、「しっかりといつもの菅井さんに戻っている」(のりさん)と気丈なゆっかー。

 「レコメン!」には、デビュー翌年(2017年4月3日)から月曜Wパーソナリティーとして出演してきた。最後の出演は9月27日の予定。ゆっかーは「“第二のおうち”みたいに思っていた」「感謝しかないです」と、のりさんやリスナーに4年半の思いを伝えた。