セクシーゆっかー「あっは~ん」誕生! 「神回」レコメン

 櫻坂46の菅井友香(25)の「あっは~ん」に悩殺(いや、爆笑?)されたリスナーが続出した。

 7日夜の文化放送「レコメン!」に登場したゆっかー、出演前からパーソナリティーのオテンキのりさんに「仕返ししちゃおー」と意気込んでいた。2日前(6月5日)に開催された「ローソンさんのオンラインプレミアムイベント」(1000人招待)で、MCののりさんがメンバーに向かって無茶ぶりを連発したから、という。

ローソンのイベントに参加したメンバーたち

 ゆっかーによると、イベントでは、のりさんがオープニングから台本になかった「ぶりっこの“いらっしゃいませ”を入れて自己紹介」をリクエスト。しかも、横一列に整列したメンバーの先頭がゆっかーだった。

 のりさんは、ゆっかーから「のり、(無茶ぶり)来いよ、と目配せされたからさ」と説明、メンバーは「のりに慣れているのか、慌てふためかず、可愛い感じで自己紹介していた」という。

 のりさんから「(ぶりっこ)どんな感じだった?」と聞かれ、「いやですよ。のりさん、やってください」と最初は拒絶したゆっかーだったが、「あのイベントは限定でしたが、イベント外れた方もレコメンを聴いているから」と再度、求められると、「こないだの感じで?」と軟化。

 「やりたいんですね、じゃ、やらしてあげましょう」という、のりさんの無茶ぶりにこたえて、ゆっかーがぶりっこ自己紹介を再現した。

 「いらっしゃいませ、ローソンへようこそ。君のこと待ってたよ、チュッ、チュッ!」

 のりさんは「スタッフ全員笑顔ですよ、つまり聴いているひと、みんな笑顔になっているということですよ」と上機嫌だった。

ゆっかー、ぽっぽチームは優勝ならず

 ちなみに、このイベントでは「みいちゃんとまりのちゃんペアが優勝した」が、ここでも、のりさんが無茶ぶりを発動。「ご褒美に、セクシーな優勝コメント」をリクエストした。ゆっかーによると、「まりのちゃんが結構上手で、手までつけてセクシーに」表現していたという。

 そこで、のりさん。「もしも、菅井さんが優勝して、セクシーに感謝の言葉を一言とお願いされたら、どう言っていたんだろう」と、さりげなくゆっかーを追い込んでいった。

 この無茶ぶりをスルーせず、全力でこたえるあたり、さすが我らがチャプテン!

 ゆっかーが「優勝のセクシーひとこと」に挑んだ。

 「優勝しちゃった、うれしい、あっは~ん」

 これにはのりさん、大爆笑!! その後も「あっは~ん」にはまったのりさんが連発していた。

 そして、番組ラストのメールコーナーでは、リスナーから「あっは~ん」エピソードが次々寄せられた。

 「シャワーの給湯器が切れて冷水浴びて、あっは~ん」
 「チャーハン、床にこぼして、あっは~ん」
 「英語の発音練習していたんですが、どうしても“あっは~ん”が言えません」

 番組は、ゆっかーの「バイバーイ、あっは~ん!」でおしまいとなった。