秋元康の憂鬱(7)

【前期は赤字決算】
 アイドル業界注目の企業、KeyHolder(銘柄コード4712)は今年2月13日、2019年12月期の通期決算(9か月の変則決算)を発表した。(単位百万円)

  •  売上高     10,391
  •  営業利益      85
  •  税引前利益  ▲94
  •  当期利益  ▲1,054

 一方、2020年12月期では、5000万円(当期利益)の黒字回復を見通していた。

 同社の前身は、ゲームセンター運営の「アドアーズ」社(さらにその前はシグマ社)である。カジノのスロットマシンをヒントに、世界で初めてメダルゲームを開発した会社として知られ、メダルゲーム第 1 号店「ミラノ店」は知る人ぞ知るメダルゲームの聖地だったらしい。
 だが、任天堂などのゲーム機に押され、ゲームセンター業界は衰退していく。ボロ株ハンターの親会社Jトラスト社が2012年に買収した。

 2018年に祖業のアミューズメント事業から撤退、エンタメ事業を主軸に再建を目指す。その過程で秋元氏を特別顧問に迎え入れている(2018年6月18日付で就任)。

 【下方修正必至】
 新型コロナの余波でエンタメ業界はいまや瀕死の状態だ。秋元氏の神通力も感染拡大するコロナの前では通じない。日本経済自体が自粛、自粛の渦の中で、凍り付いていく。同社の決算見通しも確実に下方修正されるだろう。

 お金のある資産家なら、今は現金を握ってじっとしている。投資などもってのほか、と思うだろう。にもかかわらず、秋元氏ら3人は同社の新株予約権(第2回)で総額40億円もの支払いを迫られるのだ。

 ◇新株予約権(第2回)の割当先

  •  秋元 康氏 250,666個(2506万6600株)
  •  秋元 伸介氏 55,703個(557万300株)
  •  赤塚 善洋氏 13,925個(139万2500株)

 期限は8年先だが、同社にとっても未曽有の厳しい経営環境、資金は潤沢に持っておきたい。秋元氏らからの支払いを急がせるだろうね。

 秋元氏分は31億円。
 自分が創業者でもなければ、社長でもない、赤字企業になんで31億円もぶちこまないといけないのか。正気の沙汰ではないよね。

 AKS社長の吉成夏子氏も、すでに新株予約権(第1回)の強制執行で7億円もふんだくられている。
 

 いっそ、4人で新グループでも結成しますか?
 グループ名はもちろん人気の坂道シリーズ…。

 「魔坂」。

(この項おわり)