秋元康の憂鬱(2)

 【株式会社Y&N Brothersとは】

 欅坂の運営会社「Seed & Flower合同会社」に出資し、職務執行者となっている秋元伸介氏が代表を務める「株式会社Y&N Brothers」と一体、どんな会社なのか。

 登記簿をみると…。

 本店 東京都千代田区麴町三丁目2番地9
 設立 平成25年9月26日
 目的 以下の15項目

  1. テレビ,ラジオ,ビデオ等映像ソフト,レコード等音楽ソフト,コマーシャル,映画及び舞台の企画,制作
  2. 俳優,舞踊家,演奏家,歌手及び作家の養成,管理,出演のあっせん
  3. 音楽著作物の出版並びに著作権及び著作隣接権の管理
  4. 広告宣伝に関する企画,制作
  5. コンサートその他のイベントの企画,制作,管理,運営
  6. 新聞,雑誌,各種刊行物の編集及び発行
  7. インターネットのウェブサイト及びウェブコンテンツの企画,開発,制作,運営及び管理
  8. インターネットによる情報提供サービス及び情報処理サービス
  9. 衣料品,装身具及び各種服飾用品の輸入,製造,販売
  10. 食料品及び日用雑貨品の輸入,製造,販売
  11. 喫茶店,スナック,レストラン等の経営
  12. 不動産の売買,賃貸及び管理
  13. 投資業
  14. 前各号に関するコンサルティング業務
  15. 前各号に付帯する一切の業務

 資本金 1000万円
 取締役 秋元伸介、石渡淑江、秋元浩子
 監査役 渡邊哲人

 アイドル界を牛耳る秋元兄弟の会社にしては資本金が小さい気もする。社員をたくさん抱えてどんどん業容を拡大する意図はなく、(節税や資産分散などを理由とした)秋元康氏のトンネル会社か、別動隊といった位置づけだったのか。

 AKB48などを運営していたAKS(当時)の開示資料(第三者委員会報告書、2019年3月)によると、同社は2016年7月11日付で「株式会社Y&N Brothers」との間で業務委託契約を締結している。

 業務委託の内容は「AKB48グループのクリエイティブなプロデュース部分(具体的には、楽曲の提供、衣装、CDのジャケットなどを含む楽曲の発表に関する事項の決定、コンサートの企画・立案、組閣と呼ばれるメンバーの組み換え等)」としている。

 ちなみにNGT48メンバーに対する暴行事件のさい、秋元康氏が「無言」を貫いたのも、彼からすれば当然のこと。秋元氏は、AKSからY&N Brothersを通じて業務委託されている「プロデュース部分」のみを担当し、業務委託外の内容(AKSの業務範囲内)のグループ運営にはノータッチだった。

 AKSの組織図に秋元氏の名前はない。Y&N Brothersも弟が代表だ。実態はわからないが、なにかトラブルがあっても秋元氏自身には火の粉がかからない構造になっている。

 だが、そんな秋元氏の身に驚天動地の事態が襲ってきた。

(この項つづく)