えんぴかちゃん 「冬優花さんの太陽のような明るさに救われました」 【櫻坂46「BACKS LIVE!!」サプライズ手紙シリーズ①】

 櫻坂46の3列目メンバーによる有観客公演「BACKS LIVE!!」が6月16日~18日の3日間、「舞浜アンフィシアター」で行われた。

 18日の千秋楽公演を配信で視聴したが、ハイライトは、遠藤光莉(22)、大沼晶保(21)、幸阪茉里乃(18)、増本綺良(19)の4人の新二期生が、1期生の齋藤冬優花(23)、守屋茜(23)に向けてサプライズで手紙を披露した場面ではなかったか。 6人は、天ちゃんセンター曲「思ったよりも寂しくない」の3列目を務めるメンバー。今回のライブでは、あかねんが3日間、同曲のセンターを務めた。

 「どう、このメンバー?」

 ライブの中盤で、コーナーMCのふーちゃんから話を振られると、きらちゃんが「個性豊かで楽屋でもよくわからない会話が飛び交っていたりするんですけど、フレンドリーな茜さん、冬優花さんを中心にいつも楽しませてもらってて、感謝でいっぱいで、じつはきょう、お手紙を書いてきたので、読んでもいいですか?」とサプライズ発表。

 会場から拍手が巻き起こる中、
 「じゃ、私から読ませていただきます」と、えんぴかちゃんがトップバッターとして登場した。

 「冬優花さん、茜さんへ。まず冬優花さんは、リハーサルで私が落ち込んでしまっていたときに、そのあとの『 Plastic regret 』の練習のときに、たくさん目を合わせて、いつも笑ってくれるところに、すごい励まされています。その日から、ほぼ毎回、曲の初めに目が合うのがうれしかったし、冬優花さんの太陽のような明るさに何度も救われました。ありがとうございます」

 これを聞いたふーちゃん、涙を流しながら「なんか卒園式みたい。卒園式の親みたいな気持ち。私も大好きです、ありがとう」とメッセージを返した。

 「茜さんは、私たち新2期生がリハーサルで発言しにくい場面とか、どう言っていいんだろうなと悩んでいたときに、いつも率先してみんなの意見を代表して言ってくれた。何事も全力で手を抜かないところ、強くて美しい背中をいつも見させてもらってます。本当にいつもいつも感謝しています。ありがとうございます」

 そして、えんぴかちゃん、「私も先輩方についていくだけじゃなくて、これからはグループの力にもっとなれるように成長したいと思います。これからもよろしくお願いします」と力強く決意表明した。