きらちゃんの手紙に涙腺崩壊 「茜さんにくっついていると落ち着きます」 【櫻坂46「BACKS LIVE!!」サプライズ手紙シリーズ④】

 櫻坂46の3列目メンバーによる有観客公演「BACKS LIVE!!」が6月16日~18日の3日間、「舞浜アンフィシアター」で行われた。

 18日の千秋楽公演を配信で視聴したが、ハイライトは、遠藤光莉(22)、大沼晶保(21)、幸阪茉里乃(18)、増本綺良(19)の4人の新二期生が、1期生の齋藤冬優花(23)、守屋茜(23)に向けてサプライズで手紙を披露した場面ではなかったか。「涙腺崩壊した」といった感想も目にした。

6人は、天ちゃんセンター曲「思ったよりも寂しくない」の3列目を務めるメンバー。今回のライブでは、あかねんが3日間、同曲のセンターを務めた。

 「では、最後にきらちゃん…」。4人のしんがりを務めた増本綺良が自分で「きらちゃん」と呼びながら、衣装のポケットから手紙を取り出した。

 
 「えーっと、まず冬優花さん、茜さん、2人のことが本当に大好きです。えーっと冬優花さん、私が悩んでいるとき、口に出さなくても気づいて優しく声をかけてくれてありがとうございます。“無理に笑わせようとしなくていいんだよ”冗談っぽくかけてくれたその言葉にすごく救われました。ありがとうございます」

 「茜さん、辛いとき、さみしいとき、何度も抱きしめてくれた茜さん。茜さんにくっついていると、落ち着きます、離れたくなくなります。いつも寄り添ってくれてありがとうございます」

 「茜さん、冬優花さん、私に安心できる居場所をつくってくれて本当にありがとうございます。ダメなときはちゃんと注意して向き合ってくれてありがとうございます。本当に、本当におふたりのことが大好きです。これからも楽しい思い出をたくさんつくっていきたいです」

 ときに嗚咽で声が途切れながら2人への感謝の思いを伝えたきらちゃん。涙がこぼれ続ける2人も「いっぱい、つくろうね」と応じた。

きらちゃん みんなの元気の素
きらちゃん みんなの元気の素

 配信を見ながら、4人の手紙にもらい泣きした。