まりのちゃんの手紙 「泣きたいときに泣きな」の言葉がうれしかった 【櫻坂46「BACKS LIVE!!」サプライズ手紙シリーズ③】

 櫻坂46の3列目メンバーによる有観客公演「BACKS LIVE!!」が6月16日~18日の3日間、「舞浜アンフィシアター」で行われた。

 18日の千秋楽公演を配信で視聴したが、ハイライトは、遠藤光莉(22)、大沼晶保(21)、幸阪茉里乃(18)、増本綺良(19)の4人の新二期生が、1期生の齋藤冬優花(23)、守屋茜(23)に向けてサプライズで手紙を披露した場面ではなかったか。 6人は、天ちゃんセンター曲「思ったよりも寂しくない」の3列目を務めるメンバー。今回のライブでは、あかねんが3日間、同曲のセンターを務めた。

 「じゃ、次、幸阪お願いします」と、仕切り役のきらちゃんから指名されたまりのちゃん。

 「はい、読みま~す」

 「冬優花さん、茜さんへ。まず、茜さん。ライブリハーサルのとき誰よりも大きな声で返事をしてくれていたおかげで最後まで気を引き締めて本番を迎えることができました。茜さんのまわりに惑わされず、強く生きているところ、本当に尊敬しています」

 「そして冬優花さん。冬優花さんは昨日の本番の後、落ち込んでいた私のところへすぐに寄り添ってきてくれて、“泣きたいときに泣きな”と声をかけてくださって、その言葉で余計に泣いてしまうくらい、うれしかったです。ありがとうございます」

 「そんな強くて優しい先輩二人と一緒に活動できていることがとても幸せです。これからもよろしくお願いします」