櫻坂46・小林由依の「狂犬で胸キュン!」を郷ひろみ絶賛 「とってもチャーミングですよね」

 櫻坂46が6日、フジテレビ「MUSIC FAIR」に出演し、新曲「摩擦係数」をテレビ初披露した。同曲は3日に発売された1stアルバム「As You Know?」のリード曲で、山﨑天(16)&森田ひかる(21)がダブルセンターを務めている。また、ブレイクダンスにはじめて挑戦するなど、一段と“かっこいい”パフォーマンスに磨きがかかっているのが特徴。

 番組のトークコーナーには、ダブルセンターに加え、小林由依(22)、小池美波(23)、藤吉夏鈴(20)の5人が登場。
 このなかで、ぽん姐は、ミーグリ(オンライントーク会)で困惑したというエピソードを打ち明けた。ライブのあおりの激しさから「埼玉の狂犬」の異名が定着しているぽん姐に向かって、「狂犬で胸キュンさせて」と、あるファンがリクエストした。ぽん姐は「どういうのがいいの?」と逆に聞き返したところ、ファンも困ってしまったという。
 そこで、この夜、「狂犬キャラで胸キュン」を初公開することになった。

 るんちゃん、天ちゃんの「3、2、1」カウントダウンに続けて、ぽん姐が最高の決めゼリフ!

 「早く好きって言えよ」

 即、メンバーたちは「かわいい!!」と反応。ぽん姐本人は「どうかな? 喜んでくださいますか?」と大照れだったが、共演の郷ひろみが「かわいいですよね、とってもチャーミングですよね」と太鼓判を押すと、「よかったです」と笑顔を見せていた。

 なお、「摩擦係数」は前日(5日)、櫻坂46のYoutubeチャンネルで生パフォーマンスが初公開され、7万人以上のBuddies(同グループのファンの総称)が視聴した。