櫻坂46・小林由依が3か月ぶり復帰 ファンは涙で「おかえり!!ゆいぽん!!」

 休養中だった櫻坂46の小林由依(22)が12月9日、東京・千代田区の日本武道館で行われたグループの誕生1周年を祝う「1st Year アニバーサリーライブ」の初日ステージで3か月ぶりに復帰し、ファンから「おかえり、ゆいぽん!!」と大声援を浴びた。

 この日、オープニングでオーバーチュアが流れ、出演メンバーが紹介された中に、ゆいぽんの名前はなかった。「ひょっとしてこのまま卒業なんてことも…」という悪い予感も頭をよぎったが、ツアーの中盤(13曲が終わったところで)、突如、ステージに「Yui Kobayashi」の文字が!!!

 「え、もしかして??」と、期待と興奮が高まる中、スタイリッシュなパンツルック姿でぽん姐がサプライズ登場! そして、藤吉夏鈴、遠藤光莉とともに、3rdシングル「流れ弾」に収録のユニット曲「ジャマイカビール」を披露した。

 それがもう、「かっこいい!!」としか表現できないほどのパフォーマンス。とても3か月ぶりのステージとは思えなかった。

 ぽん姐復帰の瞬間、武道館のスタンド、アリーナ席のファンは、声を出せない代わりに、スティックバルーンを打ち鳴らして“大声援”。「“必ず帰ってくる”の言葉を信じていました」と感涙にむせぶ姿もあった。

 ぽん姐が専属モデルを務める「with編集部」はライブ終了直後に「Yui Kobayashiの文字と共にゆいぽんが登場した瞬間鳥肌が…より一層洗練されたオーラを放つゆいぽん、美しかったです。この日を心から待っていました。ゆいぽん、おかえりなさい!」とツイート。

 「そこさく」のナレーター、宇芽香姐さん(庄司宇芽香)も「おかえり!ゆいぽん!!!」と歓喜していた。

 ぽん姐は今年9月9日に「一時活動休止」を発表した。櫻坂46として初となる全国ツアーもすべて不参加だった。

 ぽん姐は、「ゆっくりお休みを頂き、今後、より全力で活動に励むため、少し休憩期間が必要だと思い、決断させていただきました」「決して後ろ向きなお休みでは無く、今後の為に今必要な時間なのかなと考えています」と、休養に至った理由をブログで説明。

 そのうえで、「なので心配せず、待っていていただけたら嬉しいです」と、近い将来の復帰を約束していた。

ライブ終了後のゆいぽん(左)とあおいちゃん(無料トークから)