祝!“狂犬”ぽん姐 ダウンタウン松ちゃんからお墨付き!


 櫻坂46のファンしか知らなかった“埼玉の狂犬”が一気に全国区の愛称になった。

「狂犬」ぽんぽん、3年前は「まだダックスフンドくらい」 欅共和国2017鑑賞会第二夜
ライブの定番、ぽん姐のあおり(これはまだ子犬のころ)

 ぽん姐こと櫻坂46の小林由依(21)がフジテレビの音楽特番「HEY!HEY!NEO! MUSIC CHAMP」(4月10日)にメンバーとともに出演した。

 「ドラマ好き」などと自己紹介したさい、MCのダウンタウン浜田雅功(57)から「あなた、(カンペに)愛称が埼玉の狂犬て書いてある」と振られ、「そうなんです、ライブ中とかに“盛り上がっていけんのかーっ!”と、けっこうドスの効いた声でやっていたら、あだ名をつけられてしまいました」と説明。

 松本人志(57)は「いい異名じゃない」と好意的に反応した。

 「どういう言い方すんの?」と興味しんしんのダウンタウンの前で、ぽん姐がさわりを実演すると、松ちゃん、「大した狂犬ではなかった」とトーンダウンした。浜ちゃんは「でもこのクラス(櫻坂46の他のメンバー)の中でこれ言うたら、ちょっとあれなんじゃないですか」とフォロー。

 松ちゃんは、ぽん姐が「(今クールで)24本ドラマを見た」と言っていたので、「ドラマは何がおもしろかったですか、最近?」と話題を変えた。

フジテレビの音楽特番「HEY!HEY!NEO! MUSIC CHAMP」で、狂犬ぶりを発揮した小林由依

 するとぽん姐、質問が聞き取れなかったのか、松ちゃんのほうを振りむいて一言、「何ッスカ?」。

 この反応にビックリした松ちゃん、思わずプファと吹き出したうえ、椅子から転げ落ちた。「何ッスカ?って…狂犬やな」と認定した。

フジテレビの音楽特番「HEY!HEY!NEO! MUSIC CHAMP」で、ダウンタウン松本をのけぞらせる
フジテレビの音楽特番「HEY!HEY!NEO! MUSIC CHAMP」に出演した櫻坂46、ダウンタウン松本をこけさせる