ぽん姐も「ぴえん」言ってみたかったのかな


 櫻坂46の小林由依(21)が5月2日、公式ブログを更新した。
 初代センス女王のぽん姐のブログは、クスっとさせられる日常生活の小ネタから始まるのがパターン、
 
 今回は「毎年恒例の五月病ですが、今年は4月に来ていたみたいです。(ただの面倒くさがりが出ただけだろお前の五月病はこれからだボケっていうツッコミはしないでねぴえん)」から始まったが、おやっ?と目が留まった。

 「ぴえん」だって。

 この言葉、妹キャラの原田葵(20)がよく使っていると「レコメン!」でも話題になった。4月20日放送の「春の櫻坂46メガ盛り祭り」に2人、一緒に出演。そのさい、葵ちゃんは「リハ中とかによく、振りが覚えられなくて、“無理ンゴ”“ぴえん”と、よく言ってますね。心の中で言っているつもりが…」と認めていた。ぽん姐は「(同期の)一期生メンバーは、葵よりも年上なので、“私、若いんだぞ”と言われている感じがする」と苦々しげに吐き捨てていた。

 また、この「レコメン!」の放送中に、葵ちゃんが「ぶりっこ」を時々発動、ぽん姐が「やってんな」とぼそっと毒を吐き、パーソナリティーのオテンキのりさんが「ゆいちゃんの顔、お前(ぶりっこ)入れてきてんなという顔をした」と驚く場面があった。

 埼玉の狂犬ぶりが板につき、パフォーマンスに風格も漂うぽん姐。
 でも、まだ21歳…。

 「ぴえん」を口にするぽん姐もかわいい、と思う。