櫻坂46・藤吉夏鈴、MV撮影で残した伝説「監督が震えてカットできず…」【ほのす、夏鈴ちゃん、TAKAHIRO先生の深夜の「ほにょほにょほにょほにょ~」トーク①】

 櫻坂46の藤吉夏鈴(20)、田村保乃(23)と、欅坂46時代から楽曲の振り付けを担当しているプロダンサーで振付師のTAKAHIRO先生(40)の3人が8月26日深夜、TOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」に出演し、櫻坂46の楽曲のエピソードなどを語り合った。

TAKAHIRO先生を囲むほのす(左)と夏鈴ちゃん(右)

 2人は櫻坂46に改名後、表題曲などでセンターを務めている。ほのすは3rdシングル表題「流れ弾」、夏鈴ちゃんは1stシングルのカップリング「なぜ 恋をしてこなかったんだろう」や2ndシングルのカップリング「偶然の答え」など。

 TAKAHIRO先生は2人を、「ストイックの極地にいる田村」「感情を一番素直に表現できる一人である藤吉」と評し、「希望の星だよ」と称賛の言葉をおくった。そして夏鈴ちゃんが「MV撮影で伝説を残していた」ことを本人の前で初めて明かした。

 TAKAHIRO先生によると、そのMVとは「偶然の答え」だった。撮影中、主人公を演じた夏鈴ちゃん、切なさが胸ににこみ上げ、あふれる涙を止められない。「監督さん(映像ディレクターの林希氏)が、もう震えて固まっちゃってさ、カットをかけられなくなった。かなり長かった、10秒15秒くらい…ぜったい使わないだろうと思ったんだけど、“カットっ!”てなったんだよね」

 夏鈴ちゃんは「知らなかった」とつぶやいた。

 TAKAHIRO先生は別のエピソードも打ち明けた。
 「監督打ち合わせ」のとき、ある監督が「僕は藤吉夏鈴さんを初めて撮って、そっから櫻坂のファンになった」といい、「また藤吉夏鈴を撮りたい」と熱望していた。その監督は、最初の撮影から2度目の撮影までの間に「めちゃくちゃ(櫻坂46というグループを)調べまくって、(TAKAHIRO先生が)次、会ったときには“櫻坂46のことは全部知ってます監督”になっていた」という。

 TAKAHIRO先生は「ひとりの人をここまで没頭させる力をもっている、という藤吉夏鈴の隠れた伝説よ。プロを唸らせたという。すごいと思ったんだよ」と絶賛していた。