櫻坂46・森田ひかるに「早く帰れ!」 ツンデレ理佐の照れ隠しエピソードも明かされた【「そこさく」理佐卒業回前編から④】

 櫻坂46の冠番組「そこ曲がったら、櫻坂?」、5月15日には「渡邉理佐 卒業お祝いロケ!前編」が放送された。1週間後の卒業コンサート(21日、22日)でグループから巣立つ渡邉理佐(23)が、MCツッチー&澤部と思い出の地をめぐるロケに出かけた。

 アイドル人生の出発点・新宿村スタジオ、欅坂46の3rdシングル「二人セゾン」のMV撮影地、千葉・海浜幕張に続いて、最後に訪れたのが、所属事務所の稽古場(スタジオ)だった。

 4年前、この場所でグループに配属されたばかりの2期生と、理佐をはじめとする1期生が初対面した。
 その思い出の場所に、2期生(新2期生を含む)14人が集まっていた。

 ひとりひとり理佐への感謝の思いを伝えていく。

 櫻坂46のデビュー曲「Nobody’s fault」と、2ndシングル「BAN」でセンターを務めた森田ひかる(20)は、理佐と対面すると、4thシングルの理佐最後のジャケット撮影のときのエピソードを口にした。

 「1番、夜遅かったんですけど、見ていたいと待っていたんです…」
 きっと、目に焼き付けたいと思っていたのだろう。だが、そんなるんちゃんに、理佐は「早く帰れ!」と突き放したという。

 るんちゃんは、そのときの様子を思い浮かべながら、「ちょっとツンデレで、いつも面白い理佐さんが大好きです。ありがとうございます」と語った。

 理佐は「ひかるちゃんと、夏鈴ちゃんと、天ちゃんかな? 3人が一番、最後まで残ってて…見られるのが恥ずかしかったので“早く帰れ!”って言った」と振り返っていた。

1 thought on “櫻坂46・森田ひかるに「早く帰れ!」 ツンデレ理佐の照れ隠しエピソードも明かされた【「そこさく」理佐卒業回前編から④】

Comments are closed.