「七夕の奇跡」ねる復帰から一夜…ゆっかーの一言にジーン

 大勢のファンから「七夕の奇跡」「100年待たなくてよかった」と大歓迎された「欅坂46」の元メンバー、長濱ねる(21)の芸能界復帰から一夜明けた8日朝、キャプテン菅井友香(24)の反応に、ファンが胸打たれている。

 この日、朝、ゆっかーは自らの“メッセ”で次の一言を送信したという。

 は?(嬉)

 私自身はちょっと意味がわからなかったので、欅坂46ファンの方たちのツイッターなどを調べてみた。

 すると、ねるが卒業する前、ゆっかーが「なんとかして止めよう」と2人で話し合ったエピソードを教えてくれるツイートがあった。

 そのツイートによると、ゆっかーは最終的には「自分の人生を大事にしてほしい」と引き留めることを断念したという。ただ、「気持ちが変わったらいつでも戻ってきてね、その時は全力で“は?(嬉)”て言うねって約束しているんですけどね」と心境を語っていたという。

 (※あとで調べたら、2019年3月10日のゆっかーのブログに書いてある内容でした)

 なるほど…。
 だから、あの一言だったのか。

 ゆっかーの優しい人柄と、ねる復帰を喜ぶ思いが伝わってきて、ジーンときました。