「あ、抱きしめちゃった」事件 ゆっかー自供も…

 櫻坂46キャプテン菅井友香(25)の思わぬ犯行が明るみに出た。

 2月28日放送の「そこ曲がったら、櫻坂?」で“彼女にしたいメンバー”ベストガールフレンド賞の選考結果が発表された。

 その席で、ゆっかーは後輩の森田ひかる(19)が「とにかくタイプ」とガチ告白。「いつも後ろから抱きしめたくなるのを我慢しているが、(1stシングル大ヒット祈願の)登山のとき、寒そうにしていたから、どさくさに紛れて抱きしめた」と“るんちゃん抱き締め”容疑を自供した。

 そこさく署の敏腕刑事、澤部警部補は「これは犯行に及びましたね」と冷静に受け止めた。
 
 ゆっかーは「ほんとに可愛いなと思ってて、いつもセンターに立っているので、後ろから見る機会も多くて、抱きしめた~いと思うんですけど、引かれたら嫌だなと思って、あまりしてなくて…」と、いつもは寸前で犯行を思いとどまっていたとした。

 澤部警部補は「登山で、どさくさに紛れて犯行に及んだわけだな」とゆっかーに供述の続きを求めた。

 「そうです。ここなら、大丈夫だと思って。あ、かわいいって」と、犯行に至った動機を説明した。

 澤部警部補が「たまんない?」と、そのときの心境を聞くと、ゆっかーは「もうたまんないです。あー、ほんとついに~と思った」とうれしそうな表情を見せた。

Mステ出演後、新衣装で集合写真
後から狙ってた?

 一方、そこさく署では、被害者のるんちゃんからも事情聴取したが、犯行に気づいていなかった事実が明らかになった。 

 るんちゃんは、事情聴取に対し、「(犯行は)頂上ですか? 頂上がもう、ほんっとに寒くて、死ぬんじゃないかって本当に思って。(ゆっかーが)すごい背中をなでてくれたりしたので、、それですごい元気が出たというか」と答えた

 澤部警部補の相棒、つっちー警部が「じゃ、犯人の犯行には気づいていないってことだね」と聞くと、るんちゃんは「逆に(ゆっかーの)優しさに助けられた」とした。つっちー警部は、どうやら立件が難しいと判断したもようで、「じゃ、よかったね」と事情聴取を切り上げた。

 ゆっかーも処分保留で保釈した。念のため、そこさく署で裏付け捜査を継続、半年ほど前の「けやみみ」というWEBラジオの音声データを押収した。その音声データを分析したところ、るんちゃんがゆっかーに「菅井さんが大好きです。付き合ってください」とメールと電話で告白、ゆっかーが戸惑いながらも「いいけどさあ」と応じていた新事実をつかんだ。

菅井友香(左)と森田ひかる

 そこさく署では「2人の単なるいちゃいちゃだった」と結論づけ、「あ、抱きしめちゃった」事件の捜査本部を解散した。