「りさねる、好きって言ってくださる方もいるので…」櫻坂46・渡邉理佐が語る長濱ねるとの“水族館デート”【櫻坂46・渡邉理佐 卒業記念3夜SHOWROOM配信~第3夜①】

りさねる

りさねる

 櫻坂46・渡邉理佐(23)が5月8日夜、卒業メモリアルブック「抱きしめたくなる瞬間」(5月17日発売)の発売を記念したSHOWROOM配信を行った。同メモリアルブックのコラボゲストのひとり、原田葵(22)も同席し、撮影時のエピソードなどを語った。(写真は、櫻坂46渡邉理佐卒業メモリアルブック「抱きしめたくなる瞬間」公式ツイッターから)

 
 「そして、ジャ~ン、ねる~っ!」(理佐)
 「おねる」(葵ちゃん)

 欅坂46時代、ともに活動してきた長濱ねる(23)もコラボゲストとして迎え、水族館で撮影したといい、「こちらのVTRもご覧ください」とティザー映像が紹介された。

 理佐は、メモリアルブックを制作するにあたって、ねるとの撮影を熱望したという。「ねるちゃんが(グループを)卒業してから、一緒に撮影する機会はなかったので、今回、“ねると撮影したい”と言って実現した企画です」「りさねる、好きって言ってくださる方も多かったから」

 久しぶりにあったねるは、「落ち着いたというか…あのあたたかい雰囲気」が以前とまったく変わっていなかった。「一瞬にして当時に戻った」ような感覚になったという理佐は、「いろいろ深いお話もしてきました」と振り返った。

 ねるは3年前の2019年7月にグループを卒業した。「ねるちゃんとは同い年なので、メンバー(という関係)から、いまは友だちみたいな感覚になっている」という。

 視聴者からのコメントを見ていた葵ちゃんは「“エモい”ってコメント来てるよ」などと紹介した。