櫻坂46・原田葵 「車間距離」の恥ずかしいエピソードを告白「下向いちゃう」【櫻坂46・渡邉理佐 卒業記念3夜SHOWROOM配信~第2夜①】

原田葵、22歳バースデー配信

原田葵、22歳バースデー配信

 櫻坂46・原田葵が22歳の誕生日を迎えた5月7日、SHOWROOMからBirthday配信を行い、同期の小池美波、齋藤冬優花(24)、渡邉理佐(23)=遅れて参加=がお祝いにかけつけた。葵ちゃんの“永遠の小学生”いじりを連発したり、4人で一斉にギャルピースしたり、楽しく賑やかな配信となった。

 「こんな髪型してるけど、22(歳)で~す」。22歳の抱負を聞かれると、「健康に、ほどよく何事も楽しみます」と答えた。なお、配信の途中から小林由依(22)も参加した。「そう、ゆいぽんと今だけ同い年」(葵ちゃん)と、うれしそうだった。

 ふーちゃん、みいちゃん、葵ちゃんは欅坂46の3rdシングル「二人セゾン」のフロントメンバー(7人)だった。そのことを指摘するコメントを見つけると、ふーちゃんが「呼ぶ? ほかの4人、もしも見てたら来てください!!」と声をあげた。

 葵ちゃんが編み出したという「二人セゾン」の歌い方も発表した。「コツは“ふ”を言わないこと。これ、昔っから言ってるよね」「“たりセゾン”からだったら音が合いやすい。“ふ”は軽く言って、“たりセゾン”が言いやすいのよね」と明かした。

 葵ちゃんは、4thシングル「五月雨よ」のカップリング「車間距離」(森田ひかるセンター)のエピソードも初告白した。

 「(センターの)ひかるちゃんが(歌い出しのところで)「Try me」(トライミー)って、めっちゃ決めてるじゃん。ひかるちゃんが映ると、わたし、そのちょっと後ろ(裏センターポジション)にいるから、(カメラに森田が抜かれている、その後ろに)映るのが恥ずかしくて…。まっすぐ前向かなきゃいけないのに、いっつもトライミーだけ、下向いちゃう。ひかるちゃんのアップの後ろに、ぼやけて私がいるのが恥ずかしくて…」

 先日の「そこさく」(5月1日放送)では「車間距離」のスタジオライブの模様がオンエアされた。映像を見てみると、葵ちゃんが「Try me」(トライミー)のところで下を向いているのが確認できた。