櫻坂46・菅井友香の“やすし”呼びにヒヤッ?? 理佐センター曲「無言の宇宙」が13日解禁

 櫻坂46・菅井友香(25)が9月13日、月曜Wパーソナリティーを務める文化放送「レコメン!」にリモート出演し、この日解禁されたばかりの新曲「無言の宇宙」について「ほんとに好きです、この曲」と感想を語った。

 同曲は3rdシングル「流れ弾」のカップリング曲で、1期生の渡邉理佐がセンターを務める。「レコメン!」の数時間前、NHKラジオの「さくらひなたロッチの伸びしろラジオ」(メンバーの幸阪茉里乃&関有美子の2人が出演)で初解禁され、「レコメン!」でも続けて披露された

 ゆっかーは「まず、理佐の…1期生の渡邉理佐がセンターをするってなったときも、すごくうれしくて。みんなでやったね、と話していたんですけど。曲も、なんていうんだろう」と、少し思案しながら、「秋元さん、やすし………先生が今回も歌詞を書いてくださっているんですけど」と続けた。

 パーソナリティーのオテンキのりさんが「一瞬(やすし………と)呼び捨て感、やめてよ。ヒヤっとするじゃない。ヒヤッとしたわ」と突っ込んだが、ゆっかーは「そんな呼び捨てなんて」と慌てて否定した。

3rdシングル流れ弾「通常版」

 タイトルについては「理佐の写真集が『無口』なので、そこも考えて『無言の宇宙』だったのかなと思った」と推測。
 
 「(歌詞の)“僕は君を理由なく好きだ”というところも大好きだし、ロマンチックだし、2番の歌詞も好きなんですよね。2番のサビの“表情の中の宇宙には意味をもって輝く星がある、そのひかりを読み取ってほしくて”が好きですね。切ないし…」などと解説した。