泣ける…オダナナの長文ツイート 

オダナナ、ライブはマスト

オダナナ、ライブはマスト

 欅坂46の「5年の歴史に幕を閉じる」ことを明かした無観客・配信ライブ(KEYAKIZAKA46 Live Online but with YOU!)のあと、OGのオダナナが6回にわけてツイートしている。

 「大好きなメンバーとずっと一緒に楽しく活動したかっただけなのに、得体の知れない何かに飲み込まれて、いつの間にか一緒に踊っていた仲間がどんどんいなくなって、みんなの元気が無くなって、ネガティブな気持ちも増えて、なんか上手くいかなくて、でもどうしたらいいのか分からなくて、」

 「それでも何かが変わるかもしれないと信じて踊りつづけて、ファンの皆さんに励まされて、助けられて。でもずっとふわふわした状態で、私は馬鹿野郎をして。東京ドーム公演を観た時に、いつもみたいに卒業したメンバーの場所を今いるメンバーで埋めていて、それを客観的に初めて見た時に、」

 「なんか凄く悲しくなって、このグループはこれから新しく生まれ変わるから私がここにいてはいけないと強く感じました。欅坂は凄く儚くて、不安定で、傷つきやくて。このグループを優しく包み込んで守るためには、このような大きな決断が必要だったのかなと思いました。」

 「でも今日のライブを見て、みんな本当に可愛くて、かっこよくて、綺麗で、早くみんなが輝いているところを沢山見たいと思ったし、みんながもっと伸び伸び楽しく活動できる日が来て欲しいと強く思いました。勿論問題を起こした私が言えることではありませんが。。。」

 「私はこれからも一人のファンとしてこのグループを応援し続けたいです。
 長文すみません。」

 これに対し、「このタイミングで卒業生であるオダナナの正直な気持ちを知れてよかった
少しだけ前むくことができました
俺もこのグループを応援し続けたいです
欅坂はみんなの心の中に残り続けるー!」との声があがっていた。