【私見】櫻坂46には“王道アイドル”が似合う

 3日夜、2ndシングル「BAN」のミニライブを見た。2度目だったが、今回(アーカイブ配信)は「定点カメラ」が導入されたのでカメラのスイッチングがなく、ステージ全体を俯瞰で眺めることができておもしろかった。テレビでのパフォーマンスのときは、センター中心に映像がつくられるけど、TAKAHIRO先生の振付は、ステージいっぱいに、いろいろな工夫が組み合わされているんだなと気付かされた。

 全7曲(披露順)は次のとおり。

  1.  偶然の答え
  2.  Microscope
  3.  それが愛なのね
  4.  思ったよりも寂しくない
  5.  君と僕と洗濯物
  6.  BAN
  7.  櫻坂の詩

 “昭和世代のおっさん”としては、ディスコサウンドの「それが愛なのね」が一番テンションがあがって好き。

 今回は、「君と僕と洗濯物」がとりわけ印象に残った。かつて総合プロデューサーの秋元康さんはグループの特徴をとらえて曲作りしていると語り、欅坂46のデビュー曲が「サイレントマジョリティー」になったのも、「アイドルと思えない、笑わない、媚びない」メンバーのイメージを反映させたと解説していた。

 それでいくと、今の櫻坂46のメンバーに一番ピッタリくるのは、明るく軽やかなメロディーの「君と僕と洗濯物」ではないだろうか。いわば、“王道アイドル”路線。
 埼玉の狂犬・ぽん姐も、かわいいパフォーマンスがよく似合った。

 欅には欅のよさがあり、それは色褪せることはない。たぶん一生ファンでいると思う。
 一方、櫻には櫻のよさがあり、どんどん、その魅力が開花していくと思う。

 3rdシングルも楽しみになってきた。