秋元恋愛ソング対決! なぜ恋 VS 恋なんかNo thank you!

 関西拠点のNMB48の24thシングル「恋なんかNo thank you!」が18日、リリースされた。

 「エンタメNEXT」というメディアがYahoo!に記事を配信していた。

 オリコンデイリー1位獲得、NMB48「恋なんかNo thank you!」発売記念スペシャル番組レポート
 

 同曲の制作メンバーは、なかなか豪華だ。

 作詞:秋元康
 作曲:杉山勝彦
 編曲:野中“まさ”雄一

 杉山氏は2017年12月、家入レオ「ずっと、ふたりで」などによって第59回日本レコード大賞作曲賞を受賞した人。
 坂道グループの楽曲も手掛けている。

 乃木坂46「制服のマネキン」
 欅坂46「青空が違う」
 日向坂46「沈黙した恋人よ」

 編曲の野中“まさ”雄一氏は「秋元氏の右腕」と言われる大物アレンジャー。AKB48以降のアイドル楽曲に詳しいシンガーソングライターのぱくゆうさんは、以前、Youtubeの「楽曲分析」で「とにかく(音が)カッコいい。秋元さんは勝負どころで彼を起用してくる」と考察していた。12月9日リリースの櫻坂46の1stシングル「Nobody’s fault」も野中氏が編曲を担当している。

 一方、「Nobody’s fault」のカップリング曲、櫻坂46の「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」(藤吉夏鈴センター曲)のMVが18日、公式YouTubeチャンネルで公開された。

 

 

 「疾走感…」という表現がぴったり、ドラマのエンディングに使われてもよそさうと思った。そしてコメント欄には絶賛の声が続々…。

「最初から鳥肌でしかない…。夏鈴ちゃんの表情豊かですごく引き込まれる」

「数日前に告白して失恋した自分にすごく刺さる歌。これを聞いてたら前向きになれる気がする。恋をしてきて良かったなあって。」

「メンバー全員の表現力が圧倒的すぎて。めちゃくちゃ惹き込まれた4分間だったわ。」

「とりあえずかりんちゃんセンター最高です……女だけどかわいすぎて惚れます…」

 

 

センターの藤吉夏鈴
センターの藤吉夏鈴

 
 強がって「もう恋はこりごり」とつぶやく主人公(恋なんかNo thank you!)か、

「迷っている人達よすぐに告白しちゃいなさい」「恋は主人公になるべきよ」と恋愛を讃歌する主人公(なぜ 恋をして来なかったんだろう?)か。

 

藤吉夏鈴センター曲「なぜ恋をして来なかったんだろう?」のMVから
藤吉夏鈴センター曲「なぜ恋をして来なかったんだろう?」のMVから

 

 YoutubeのMV再生回数(19日午後8時半)では、“なぜ恋”(再生93万9176回)が“恋なんか”(同58万2835回)にダブルスコア近い差をつけて圧倒している。

 この勢いで、アイドルの恋愛禁止という、彼女たちを縛り付けてきた掟も、ぶったぎるか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です