原作・誉田哲也氏がうれし泣き「りっちゃん、頑張ってくれてるんだなって」


 乃木坂46・櫻坂46・日向坂46の3坂道グループが共演するひかりTVオリジナルドラマ「ボーダレス」の原作者、誉田哲也氏(51)が7日、ツイッターに「撮影、頑張ってくれてる。涙が出てきます」と投稿した。

 この日、主要キャストのひとり、櫻坂46・渡邉理佐(22)のインタビューがSmartFLASHから配信された。理佐と妹役の濱岸ひより(18)が山をさまよう設定での撮影が続いているそうで、理佐は「朝や夜が本当に寒くて……。家からパジャマのまま靴も履かず靴下のまま飛び出した役なので、(寒さが)こたえます」などと答えていた。

 誉田氏はこのインタビューにすかさず反応。
  #渡邉理佐、#濱岸ひよりと2人の名前のハッシュタグをつけて

 「#FLASH より、りっちゃんのインタビュー。
 撮影、頑張ってくれてるんだなって、なんか涙が出てきます。でもな、寒いのは俺のせいじゃないんだよな……。

 二人とも風邪ひかないでね」とツイートした。

 ちなみに3坂からの出演者は次のとおり。

 乃木坂46 早川聖来、遠藤さくら
 日向坂46 齊藤京子、濱岸ひより
 櫻坂46  森田ひかる、渡邉理佐、小林由依

 ブログなどでドラマを紹介していたが、誉田氏はそれぞれに激励のコメントを寄せている。

#小林由依 さま
こちらこそ、琴音役を引き受けていただき、ありがとうございました。本当に嬉しいです。喫茶店パート、心から楽しみにしております。

#森田ひかる さま
いろいろ初めてづくしだとは思いますが、要は、るんちゃんなりの「森奈緒」になればいいわけですから。ぜひ、楽しんで演じてみてください。

#齊藤京子 さま
きょんこちゃんなりの「片山希莉」が見られるのを、楽しみにしています。

#早川聖来 さま
市原叶音役は、通常の演技に加えて楽器も扱わなければならないので大変だと思いますが、頑張ってください!

 誉田氏は「この作品は、私にしては珍しく、こういった形で映像化されることを想定して書いた作品です。なので私自身、今はその喜びでいっぱいです。またこの作品が、出演されるメンバー個人個人の、今後の活動に繋がっていけばいいな、とも思っています」としている。