「ボーダレス」原作・誉田哲也氏、撮影現場へ

 乃木坂46、櫻坂46、日向坂46の“3坂共演”のひかりTVオリジナルドラマ「ボーダレス」の原作者、誉田哲也氏(51)が25日、スタッフ、出演者らの激励のため(多分)、
撮影現場を訪れていたことがわかった。

 「喫茶ドミナン」のマスターで櫻坂46・小林由依、乃木坂46・早川聖来演じる姉妹の父親役、宮川一朗太(54)がこの日、ツイッターで「本日、郊外の山奥にて“ボーダレス”の撮影。原作者の誉田哲也さんがお見えになり、久々の再会を果たしました」と報告、撮影現場の写真も投稿した。

ボーダレス撮影風景

 「いや~しかし、ホント異世界に迷い込んだような風景だ…」とつぶやいた一朗太は、
 誉田作品3度目の出演。

 誉田氏も、このツイートに対し、「お疲れさまでした。ご挨拶できて嬉しかったです。引き続きよろしくお願いいたします」と返していた。

 公式番組ツイッターでは、ベテラン俳優・一朗太がいつも優しい笑顔で、共演者やスタッフを癒やしていると報告していた。