これが本当の幕引き…

これが、本当の幕引きだと思った。

 前日の櫻坂46デビューカウントダウンライブで披露された「櫻坂の詩」には「きれいごとで済ませちゃって」と釈然としない部分があった。

 絶対的センターの無言の脱退、主要メンバーの相次ぐ離脱、改名、楽曲封印…。
 その背景には、“きれいごと”ではない凄惨な現場があったのだろうと思うが、真相は、ドキュメンタリー映画でも、何一つ語られなかった。

櫻坂46デビューカウントダウンライブ

 知らないほうがいい場合もある。

 ただ、心のどこかで、「欅とはきれいにお別れしました」「はい、きょうから、無垢な白をイメージカラーにした櫻としてリスタートしますよ」に、漠然とした“わだかまり”があったのかもしれない。

 平手友梨奈が9日(櫻坂46デビュー日でもあった)、FNS歌謡祭で披露した「ダンスの理由」が反響を呼んだ。主に女性ファンから「カッコいい」「こういう平手が見たかった」と絶賛する声が飛んだ。

「ダンスの理由」をパフォーマンスする平手友梨奈

 あれをカッコいいと言うのか…?という僕個人の考えは、胸にしまっておくとして。

血のにおいがするパフォーマンスだった。

 「憤怒」「絶望」「慟哭」、抑えきれない感情が暴発する。そして傷口には、いまだ血がにじんでいる…と妄想した。

 歌詞はあくまでフィクションである。平手友梨奈個人に結び付けるのは危険だが、あえて連想させようとしているのかもしれない。

 強い言葉で「部外者に言わせるものか」「私は許さない」とシャウトし、「守る」「死なせない」「救う」との覚悟を、全身で表現した。そして、この歌詞が脳裏に残る。

 誰かの悲しみを癒す その一瞬のために夢のようなターン決めよう

 「孤独」のヒロインが、闇に包まれた過去と決別、だれかの「希望」となるべく歩き出す…。 

「ダンスの理由」をパフォーマンスする平手友梨奈

 平手のパフォーマンスを見て、「過去に、どんなりつ然とする出来事があったのか、詮索するのはもうやめよう」と思った。

 さすが絶対的センター、ひとりでケリをつけてくれたのだから。
 
 10月に「欅坂の歴史に幕を閉じる」ラストライブが行われたが、FNSの平手のパフォーマンスが本当の「最後」の幕引きだったような気がした。


 平手も、櫻坂46も、どちらも応援し続けたい。