なぜ「欅」の名前にこだわったのだろう? 【W-KEYAKI FES. 2021 観戦記(1)】

 櫻坂46と日向坂46合同の「W-KEYAKI FES. 2021」が2021年7月9日から11日までの3日間、“聖地”富士急コニファーフォレストで開催された。

 初日は会場に参戦、最終日は配信で2度(ライブ&見逃し配信)視聴した。3日間のラストを締めくくった「W-KEYAKIZAKAの詩」で会場が緑のペンライト一色に染まる瞬間は壮観だったが、期待されていた欅時代のOvertureも、ユニット曲「猫の名前」(菅井友香、守屋茜、加藤史帆、佐々木久美)の披露というサプライズもなかった。2グループが、MCトークをはさみながら、持ち歌を交互(ほぼ2曲ずつ)にパフォーマンスするというライブの構成から、「さくひなフェス」「櫻・日向フェス」でいいのでは?という感想が一部から聞かれたが、「もっとも…だな」と感じた。

 「欅坂46」「けやき坂46」という、1本の“欅”から生まれた2グループには違いないが、両者とも涙と苦渋の末、欅という名前と決別したはず。昨年、ゆっかーが「欅坂46とは前向きなお別れをします」と宣言、サイレントマジョリティーで「5年の歴史」に幕を閉じた、あのラストライブのフィナーレは何だったのか、という思いもよぎった。

 なぜ「欅」にこだわったのだろう。考えられる答えは一つしかない、と僕は考えている。
 欅の文字のない「櫻・日向フェス」なら、あの人が戻ってくる場所がなくなってしまうから、と。

 聖地のセンターに立つ凛々しい姿を、もう一度見たいーー。Buddiesもおひさまも、ほとんどの人が、そう願っているのではないだろうか。

 そう、平手友梨奈(20)。
 7月14日にはソロ曲第二弾「かけがえのない世界」をFNS歌謡祭で初披露するという。ドラマ「ドラゴン桜」や映画など女優としての活躍が目立つが、音楽活動も続けている。

 いつの日か、平手が聖地に凱旋したその瞬間、あの伝説のライブ「東京ドーム」を超える、歓喜と歓声と興奮がるつぼのようになって、待ち望んでいたファンたちの五感に突き刺さるのではないか。

 「W-KEYAKI FES」は、かつての絶対的センターを聖地に迎え入れるための舞台装置だと信じている。