櫻坂46、「脱退」危機の2人? 「ひとんちで寝る」メンバーと借りパクメンバー

 封印された「禁断」のワードが2度も飛び出すと思っていなかった…。

 8月1日深夜放送の「そこ曲がったら、櫻坂?」は「あの子のアレに困ってます!メンバー内クレーム目安箱」という企画だった。

 メンバー(やファン)にとって「禁句」ともいえるワードが飛び出したのは、井上梨名(20)が関有美子(23)に向かって「寝ている人の起こし方が雑でイヤ!」とのクレームを告げたときだった。

 有美子会長は、寝ているいのりちゃんの肩をガッとつかみ、なぜかフルネームで「井上梨名ちゃん、井上梨名ちゃん」と呼びかけ、激しく揺すりながら起こそうとする、という。

 ただ、クレームを受けた有美子会長の反論から、いのりちゃんが寝ていたのは、有美子会長の自宅だったことが判明した。2人は、ゲームをするはずだったが、いのりちゃんが自宅に着いて10分くらいで寝てしまい、ゲームを楽しみにしていた有美子会長はひとり、手持ち無沙汰になったという。「私の家で寝るから起こすんです」

 このやりとりを聞いていたMCのツッチーは、いのりちゃんに向かって、「お前、また人の家で寝てるのか。寝るんなら帰れって言っただろ」と強烈なダメ出しをおくった。

 いのりちゃんは、以前にもちゅけもん武元唯衣(19)の部屋で「枕に足を向けて寝ていた」ことがあり、さんざん非難された過去があった。

 いのりちゃんは「違うんですよ、我慢しても寝るんですよ、あのうちは」と、寝心地満点(床のカーペットもフカフカらしい)な有美子会長の部屋のせいと説明したが、MCの澤部は反論を認めず、「井上、注意するからね、イエローカード」と宣告した。

 すると、いのりちゃん「もう一回出たらどうなるんですか?」
 澤部は「…したら脱退!」と冷徹に告げた。

 まさか、ここでこのワードが…とヒヤっとしたが、「脱退理由は、ひとんちで寝たこと」(ツッチー)に、当のいのりちゃんもメンバーたちも大爆笑。キャプテンゆっかーのことが心配だったが、「だめ、だめ」という仕草をしながら笑顔を見せていたのでホッとした。

 澤部は、いのりちゃんに「もう(他人の家で寝るのは)やめてね。いいね」と念を押した。

 次に、松田里奈(21)から田村保乃(22)へ、クレームとまではいかないまでも「言いたいこと」が…。

 「ブルームーンキス選手権でも言ったけど、貸した本をそろそろ返してください!」

 2月放送のそこさくで、ほのすの“借りパク疑惑”が浮上したが、あれから5か月以上たってもまだ返してもらえてなかったという。

 ほのすは「(借りた本は)あります、ほんとにあります。しかも最近、本棚を整理して返さないとなあと思っていた」と告白、「今日返します」と誓った。

 澤部は「ほんとですね。今日返せなかった次会うのは法廷になります」と宣告。
 続けてツッチーが「法廷まで行ったら脱退です。井上と二人で脱退することになります」と、この日2度目の「脱退」ワードを口にし、笑いを誘っていた。

 禁断のワードを笑い飛ばせるようになった、櫻坂46メンバーたちのたくましさを感じた。