2つの微笑み…てちと夏鈴ちゃん

 櫻坂46、藤吉夏鈴初センター曲の「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」。

 いまさら、愛だ、恋だ、という年じゃないから、それほど楽曲に思い入れることはないんだけど、なんだろうね、結構リピートしちゃっている。「疾走感」が気持ちいいのかもしれない。

藤吉夏鈴センター曲「なぜ恋をして来なかったんだろう?」

 

 ま、おっさんの感想なんてどうでもいい話。
 MVの再生回数の伸びを見ると、グループのコアな若いファンには、こういう曲が望まれていたんだな、という気がする。メンバーたちも楽しそう。

 MVは、どこを切り取ってもキラキラ美しく、幻想的。振付も衣装も演出も素晴らしかったが、「ラストにこれ、もってきたか…」と、MV監督にしてやられたと感じた。

 ラストは、センター夏鈴ちゃんのアップ。ちょっぴり、はにかんだような微笑みを浮かべて終わる。

 「なんだよ、また最初から見たくなるじゃないか…」

 微笑みには人を幸せにする魔力がある、と考えながら、ひとつ、思い出したことがあった。

 欅坂46ファンになってまもないころ、YouTubeの動画を漁ってみていた。テレビ番組で「サイレントマジョリティー」を披露したとき、てち(平手友梨奈)が最後にかすかに微笑んだのだ。この瞬間、あたかも聖母マリア様に抱かれたかのような、深い愛に包まれたような錯覚を覚えた。

 てちと夏鈴ちゃん、2つの微笑み。

 欅坂46は伝説になった。櫻坂46もまた伝説への道を上り始めたのかもしれない。

 

櫻坂46の藤吉夏鈴
欅坂46の平手友梨奈