年末年始、平手友梨奈祭りだ、ワッショイ!

 

 櫻坂46のミーグリで、てち(平手友梨奈)のエピソードがポロポロ漏れ伝わってきたと思ったら、超ド級のニュースが連弾された。

 最新ニュースでは21日、1stデジタルシングル「ダンスの理由」を12月25日に配信リリースすることが決定した。同曲は、てちが楽曲制作に一から携わり、作曲メンバー(3人)の一人としてもクレジットされている。フジテレビ「FNS歌謡祭第2夜」(9日放送)で初披露され、大きな話題を呼んだ。その直後、公式サイトに「リリース」の項目が追加されていることがわかり、発売間近とささやかれていたが、ファンにはうれしい“クリスマスプレゼント”となった。

 

「ダンスの理由」をパフォーマンスする平手友梨奈

 さらに大みそかの年越し音楽特番である、TBS「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2020→2021」(31日午後11:45~1日午前5時)に出演することも決定した。

2021年の年明けも、てちで始まる。

 うっちゃん内村光良がMCを務める「世界の果てまでイッテQ!新春スペシャル!」(日本テレビ系)が来月1月3日(日)に放送されるが、20日の同番組の予告で、平手友梨奈のサプライズ出演が明かされた。

 新春スペシャルの「新春かくし芸習得ツアー」で、うっちゃんは日本各地の伝統芸やユニークなパフォーマンスに挑戦する。コマを掌や棒の上など、あらゆる場所で回す、福岡県の無形文化財に指定される曲芸「筑前博多独楽(コマ)」で、うっちゃんの相棒として、てちが登場する。

 うっちゃんには事前には知らせていなかったらしく、てちの登場に「違う! 違う! 違う! うそでしょ!? 本物だよね? ちょっと立てません」と仰天。

 

 その後のインタビューでは「信じられないというか、すごくうれしかったです。イモト(アヤコ)が安室(奈美恵)さんに会った時ってこういう感じだったのかなって」と振り返っていたという。

 10月のNHK「SONGS」にVTR出演し、欅坂46との出会いを次のように語っていたうっちゃん。

 「たまたま夜、ポンってテレビつけたら《SONGS》やってまして。(本番前の)ダンスチェックしている女の子が映ってて、日本刀みたいな鋭さ、キレっていうんですかね、釘付けになりまして」

 【参考記事】戦う集団…内村光良が語る「欅坂46」の魅力

 てちやグループ(現・櫻坂46)にとって、うっちゃんは「芸能界のお父さん」かもしれない。先日は、うっちゃんMCの「痛快TV スカッとジャパン」で大園玲ちゃんが女優デビューもした。

 一方、“父娘”共演となるてちも「(実際に挑戦するのではなく)サポート側と思ってたので、ライブ並みにすごく緊張しています」と語ったという。