映画初出演ぽんぽんからのメッセージ「生きよう。伝えよう」

 直木賞作家・西加奈子の傑作を映画化した「さくら」(矢崎仁司監督)が11月13日、全国の松竹系映画館で封切られた。

映画さくらのポスターと
映画さくらのポスターと

 

 サクラと名付けられた1匹の犬と5人の家族(長谷川家)の姿を描く。北村匠海、小松菜奈、吉沢亮ら旬なキャストの熱演が見どころで、映画初出演となった櫻坂46・小林由依(21)も主要キャストの1人として登場している。

 ぽんぽん演じるのは、長谷川家の末っ子・美貴(小松菜奈)の親友・カオル役。

 

櫻坂46の小林由依(左)と小松菜奈
櫻坂46の小林由依(左)と小松菜奈(ぽんぽんの公式ブログから)

 ぽんぽんは公開日の13日、「ありふれた家族のきれいごとじゃない物語」とのタイトルで公式ブログを更新、「撮影から約1年半、やっとこの日が来たかという気持ちと、あ~緊張するなというソワソワ感を同時に感じています」と心境をつづった。

映画「さくら」出演の小林由依
映画「さくら」出演の小林由依 ©西加奈子/小学館 ©2020「さくら」製作委員会

 「そして映画を観た後、生きよう。伝えよう。そんな強い気持ちを感じていただけたら幸いです」とファンに向かって語りかけた。

 あす14日には映画「さくら」公開記念舞台挨拶にも出席するという。

 

 

 

櫻坂46の小林由依 映画初出演作
¥5,691 (2021/12/02 23:27時点 | Amazon調べ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です