櫻坂46・大園玲 プチ女優デビューに絶賛の声


 アイドルグループ「櫻坂46」の大園玲(20)が7日放送のフジテレビ「痛快TV スカッとジャパン」の「胸キュンスカッと」に出演、女優デビューとは思えない好演に「キュンとしちゃいました」「めちゃくちゃ可愛い」と絶賛の声が相次いだ。

 櫻坂46のファンには、「メモぞの」「グイぞの」「詩人」など、そのポテンシャルの高さはおなじみだったが、ついに世間にも玲ちゃんの存在が知られる日が来た。

 「胸キュンスカッと」の再現ドラマで、玲ちゃんは「10年前の初恋の男の子を探し続けている」女子高生役を演じた。

「10年前の初恋の男の子を探し続けている」女子高生役を演じた大園玲
「10年前の初恋の男の子を探し続けている」女子高生役を演じた大園玲

 10年前、けがをしてうずくまる少女のもとへ駆けつけ、「僕が守る」と男らしく宣言してくれた少年。

 少女は、“初恋”のその少年のことを、いつまでも忘れることがなかった。まさか、転校先の学校で偶然、再会することになっていたとは…という運命のストーリー。

 クライマックスでは、涙のシーンもあったが、見事に演じきった。

女優デビューとは思えない好演を見せた大園玲
女優デビューとは思えない好演を見せた大園玲

 ファンからは「演技上手かったな。泣くシーンで泣いてたし。これは演技仕事行けるかな」「可愛すぎて10回くらい死んだ」「胸きゅんスカッと可愛すぎた」
 「制服姿も似合ってましたし泣きの演技も出来るしで、もっと演技のお仕事している姿が見たい!と素直に思いました。内容にもキュンとしちゃいましたよ…」
 「テレビの画質でドアップされるあれやばいっすね、死ぬほど可愛いと思った 初挑戦でこれって演技上手くないか?」
 との声が続々。

 一方、相手役の男の子が玲ちゃんの頭を、優しく「ポンポン」するシーンがあったことから、「頭ポンポンにファン大狂乱」といった反応もあった。

 本格女優デビューも期待したいね。

「胸キュンスカッと」に出演した櫻坂46の大園玲
「胸キュンスカッと」に出演した櫻坂46の大園玲

 ◆大園玲(おおぞの・れい) 「櫻坂46」メンバー。2018年の坂道合同オーディションに合格し、今年2月、欅坂46(当時)に新2期生として配属された。冠番組では、メモを取りながらユニークなコメントを連発、「メモぞの」の異名を取った。12月9日リリースの櫻坂46のデビュー曲「Nobody’s fault」では、新2期生で唯一、選抜(14人)入りした。鹿児島県出身、20歳。

One thought on “櫻坂46・大園玲 プチ女優デビューに絶賛の声

Comments are closed.