トラウマの「関しまして」でザワザワ

 ツイートで教えてもらったが、きのう(13日)深夜、欅坂46公式サイトがざわつくお知らせをアップした。

 タイトルは《7月16日開催の配信ライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU !」に関しまして》

 欅坂46メンバー&スタッフ一同が「メンバー・スタッフが一丸となって全力でお届けする渾身のライブ」との意気込みを伝えたあとで、

「欅坂46より、皆さまへ重要なメッセージをお伝えする予定です」と、具体的なことは明かさないものの、サプライズがあることを告げた。さらに「これまでの欅坂46の歴史の中でも、見逃してはならない重要なライブを是非一緒にご体感ください」とした。

 「歴史の中でも…」という言葉遣いにも、尋常じゃない空気を感じさせる。

 そもそも、「~関しまして」というお知らせは、てちの脱退や、人気メンバーの卒業、新曲の発売延期など黒歴史のオンパレード。「トラウマになっている」ファンがほとんどだと思う。

 それだけに、このお知らせが出たあと、「解散?」「改名?」「卒業発表?」などの負の憶測が乱れ飛んだ。

 ただ、ライブをきっかけにせっかく前に動き出そうとしたところで、後向きのサプライズを出すのは常識的には考えにくい、と思った。

 ひとつ考えられることは…

 チャプチェ……じゃなくて、キャプテン交代

 これなら、前向きな意味で、欅坂第二章の幕開けを示す“メッセージ”としてありうるんじゃないだろうか。