コンセントレーション「神曲すぎる」 ゆうパラで流れファン歓喜

コンセントレーション

コンセントレーションをパフォーマンスする天ちゃん

 25日放送のNHK-FM「ゆうがたパラダイス」(月~木曜後4・40)で、欅坂46のラストアルバム「永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~」に収録されたユニット曲「コンセントレーション」が流れ、ファンから「神曲すぎる」「いつかまた見たい」との声が出た。

 同曲は、欅坂46が「5年の歴史に幕を閉じる」昨年10月のラストライブで1回だけパフォーマンスが披露された幻の楽曲。

 この日、櫻坂46の小池美波(22)がゆうパラにリモート出演した。

 同曲をリクエストした兵庫県の26歳・男性リスナーは「いまも(みいちゃんらがパフォーマンスした)ラストライブでの姿が忘れられません。キャッチーなリズムと心に刺さる歌詞がとても素敵です」とリクエスト理由を説明した。

 ラストライブでは、小池をセンターに、齋藤冬優花、尾関梨香、松平璃子、山﨑天の5人がユニットを組んだ。

 小池は「この曲には思い入れが強い。(櫻坂46へ改名が決まり)私は欅坂46に対する思いを込めて歌った。また、英語の発音が難しかった(思い出もある)」と振り返った。

 

 【コンセントレーションのエピソード】

 振付のTAKAHIRO先生はラストライブのパフォーマンス後、メンバーに「熱狂的に“よかった!”と言っていた」という。

 また、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーはパーソナリティを務めるニッポン放送「佐久間宣行のオールナイトニッポン0」(毎週水曜日27・00)で「(コンセントレーションは)めちゃくちゃいい曲だとかって言ってたよ」と業界の評判を語っていた。

 メンバー人気も高く、ぽん姐はブログで「コンセントレーション好きだな~」と発言。

 さらに昨年12月20日放送の「そこ曲がったら、櫻坂?」(テレビ東京)では、パフォーマンス映像が流れた。「自分の長所当てクイズ」のコーナーに登場した天ちゃんが、自分の長所として「コンセントレーションがいい」を回答した。「(2期生の藤吉)夏鈴がほめてくれた」といい、MCの澤部佑も「あれいいよね、あれメチャクチャ可愛いよね」と絶賛、数秒、ライブ映像が流れた。

 「そこさく」のナレーター、庄司宇芽香姐さんも #コンセントレーション#そこ曲がったら櫻坂 とハッシュタグをつけて、自らのツイッターで「流してくれてありがとうございます もっと見たい」とつぶやいていた。