櫻坂46・菅井友香が明かす爆笑MV裏話 「湿布がぷかぷか…」


 櫻坂46のキャプテン菅井友香(25)が14日、乃木坂46の山崎怜奈(23)がパーソナリティーを務めるTOKYO FM「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」(月~木曜後1:00)に出演した。

TOKYO FM「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」に出演した菅井友香

 この日は、2ndシングル「BAN」のリリース日。ゆっかーは楽曲を始めて聴いたときの印象について、「(歌詞の最後の)『僕は絶対BANされるものか』がいいなって。人生、うまくいくことばっかりじゃない、きれいごとで済まされないことも(ある)。挫折、苦しさを味わった方には、背中を押す曲なのかな」と語った。

 れなちからは「MVがかっこいい。光の使い方、水の表現もあって、すっごいきれい」とほめられると、撮影時のエピソードも打ち明けた。

 「淡路夢舞台という美しい環境で、スカートを広げながら、最後は水につかってバシャバシャしなから激しく踊る。(猛練習で)みんな、いたるところに湿布を貼っていた。気づいたら誰かの湿布がぷがぷか浮いていて、ちょっと笑っちゃいましたね」

櫻坂46の2ndシングル「BAN」のMVのラストシーン

 れなちは「わかる、わかる」と、乃木坂46のMV撮影でも似たような経験をしたそう。「すっごい寒い吹き抜けで踊るとき、体中にカイロを貼って踊る。リハ中に花道に落ちていた」と、“大人数グループあるある”と説明した。