ちーぞの、世界一臭いチーズに大興奮

 チーズ大好き、自称「ちーぞの」の櫻坂46・大園玲(21)が23日放送の「そこ曲がったら、櫻坂?」で、念願だったフランス産高級チーズ「エポワス」を実食、「おいしい!」と笑顔を見せた。

 ただし、このチーズ、「世界で一番臭い」と言われる代物。強烈な臭気を、フランスでは「神様の足の裏」、英国では「豚のひづめの間」と形容されているという。

 番組では、玲ちゃんのために現物を用意。
 見た目は「チーズケーキ」のようだが、臭気を撒き散らさないよう特性のアクリルケースに入れてスタジオに持ち込んだ。

 まずは、MCの澤部佑が「世界一のニオイ」を初体験。
 すると、「うわっ!くっさ、くっせえな、チーズではないです」と絶叫。しばらくしてから「ブルーチーズとも全然違いますよ。刺激も強いな。なんなら干しエビとアンモニア」とたとえた。

 「遠藤も行っとく?」と、澤部から指名されたえんぴかちゃん(遠藤光莉)は「やばい、やばい。怖い、めっちゃ怖い」とアクリルケースに近づき、予想を超えた臭さに言葉も出せず呆然としていた。

 一方、チーズ愛に満ちた「ちーぞの」玲ちゃんの反応は違った。
 待ちに待った“恋人”と出会ったかのように、アクリルケースごと愛おしそうに抱きしめ、「クンクン、クンクン」と何度もそのニオイを嗅いだ。

 さらに実食。一口食べて「おいしい!」とうっとりとした表情をみせ、「塩味が強くですぐに溶けます」と普通に食レポも。さらに進んで2口目にも箸(フォークだったけど…)を伸ばした。ツッチーは「もうエポワス中毒になっている。おいしそうに食うな」と仰天した。テロップにも「大園恐るべし」と流れた。

 ◆エポワス(Époisses)
 「キングオブチーズ」と言われ、臭いチーズの代表格。「美味礼讃」の著者である美食家ブリア・サヴァランが「チーズの王様」と称え、ナポレオンも好んだとされる。
 チーズの専門家の解説によると、「ネットリとした外皮は、納豆菌の仲間であるリネンス菌に覆われています。中はやわらかくクリーミー。熟成が進むとスプーンですくっていただけるほどトロトロになります」。

 また、同郷のブルゴーニュ産の高級赤ワインと相性が抜群という。

 参考:hitotema