りこぴ ブログでも卒業発表「改名後、心と身体がグループに追いつかず…」

 櫻坂46の公式サイトが8日、卒業発表した直後、“りこぴ”こと松平璃子(22)が自らのブログでも「突然のお知らせになってしまい申し訳ありません」とファンに卒業の意思を報告した。

 「2ndシングルの制作には参加せずに、1stシングルの活動を全て参加してからの卒業になります」

 卒業理由については、「欅坂46から櫻坂46に改名してから自分の心と身体がグループに追いつかず櫻坂46での活動をこのまま続ける事が難しくなってしまったのが大きな理由です」と説明した。

 りこぴは「櫻坂としてグループが前を向いていて飛躍を目指しているここからのタイミングで卒業することについては本当に申し訳ないです。欅坂46をめどに卒業するべきだったのでは無いかと言われても仕方の無い事だと自覚してます」と謝罪した。

 「2018年の夏の坂道合同オーディションで合格」してからの2年半を振り返り、「2次審査から欅坂46に入りたい!とずっと宣言していて憧れの欅坂46に配属された瞬間は涙が溢れてこぼれ落ちるほど嬉しかった気持ちは今でも忘れません」とした。

 そして「欅坂46、櫻坂46として活動している日々は私にとって夢想しているような、どこもとってもどこを切り取っても素敵な思い出に溢れた日々でした」「欅坂46と櫻坂46として生きた2年半は一生忘れることがない胸が溢れる温かい大切な思い出です」と回想した。

 卒業後については「ゆっくりと自分のペースで考えながらもっと自分の事を愛してあげられる人間に成長できるように生きていこうと思います。ファンの皆様と目標にした約束も忘れずに」とつづった。