おぜちゃんのほのぼの父娘エピソード

 櫻坂46・尾関梨香(23)がパーソナリティーを務める2月28日放送のニッポン放送「櫻坂46 こちら有楽町星空放送局」(毎週日曜後11:30)で、微笑ましい父娘エピソードが語られた。

 おぜちゃんが最近、「うれしいことがあった」と打ち明けた、その話。
 おぜちゃんは、母と一緒にイチゴサンドをつくるため、買い物に行こうとしていた。
 父に「車借りるね」と一声かけると、「レンタルショップで借りたCDが助手席にあるので、そのままにしてね」と返事があった。

 おぜちゃんが乗り込むと、CDをダビング中だったようで、ある曲のアウトロが聴こえてきた。
 それがなんと「サイレントマジョリティー」だった。おぜちゃんはビックリした。

 「父と仕事の話はふだん、あまりしない。(父からは)体のこと心配してムリしないでね、とか言ってくるけど、曲聴いてるよとか、ライブ観たよとか、そういう系の話は直接したことがない。まさかと思ったんですよ」

 おぜちゃんは、父が借りたレンタルCDの袋を開けた。4枚のCDが入っていた。「スガシカオさん、GReeeeNさん、米津玄師さん…」。そして最後の一枚が「欅坂46のベストアルバム」だったという。

 やったー! おぜちゃんは「うれしくなっちゃった」といい、「はじめてと言っていいほど、父が作品を聴いてくれてるのを、目のあたりにして、ひとりで楽しくなっちゃった」と振り返った。そして「いつもこんなふうに、陰から応援してくれてるんだ」と気付いた。

櫻坂46の尾関梨香

 「父も恥ずかしいのかな…でも積極的に話してきてほしいなと思っちゃいましたね」

 「こち星」もこっそり聴いているかもしれないと考えたおぜちゃんは、「お父さん、もし、このラジオを聴いていたら、“ほしおた”(リスナーからのメール)を送ってください」と呼びかけた。

 「でも、お父さんだからって必ず読むとは限りませ~ん」と茶目っ気たっぷりにトークを締めくくった。